ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS 40代後半の女性は性欲が旺盛で、閉経前の“閉経セール”したいのが本音と岩井志麻子氏

<<   作成日時 : 2012/09/24 19:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

40代後半女は“閉経セール”したいのが本音と岩井志麻子氏
NEWSポストセブン2012.09.24 16:01


 人気お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二(34歳)と「若貴の母」である藤田紀子さん(65歳)との熱愛報道に象徴されるように昨今は熟女ブームである。

 このブームを当の「熟女」はどう見ているのか。自ら20代男性と結婚し、『熟女の品格』(ベスト新書)の著書もある作家の岩井志麻子さんが語る。

「熟女の品格」(ベスト新書)岩井志麻子著(ベストセラーズ 840円)


画像



熟女の品格 (ベスト新書)
ベストセラーズ
岩井 志麻子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 熟女の品格 (ベスト新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



熟女の品格 [ 岩井志麻子 ]
楽天ブックス
ベスト新書 岩井志麻子 ベストセラーズ発行年月:2011年12月 ページ数:221p サイズ:新書


楽天市場 by 熟女の品格 [ 岩井志麻子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品情報
・発売日: 2011年12月
・サイズ: 新書
・ページ数: 221p
・ISBNコード: 9784584123522

【内容情報】
果たして、熟女と呼ばれるオバサンたちの奔放な行動や発言の裏側には何があるのか?本書では、世間体や恋愛、色気、お金、夫、子どもなど、オバサンを取り巻く様々な事柄を俎上に上げ、その「欲望」や「腹の内」「人間関係」「日常」「性」について、時に過激に、時に自虐的に鋭く斬り込んだ。

【目次】
第1章 熟女の欲望
熟女を見る目ー世間体
曖昧にして確固たるものー色気 ほか
第2章 熟女の腹の内
経験から導き出される振る舞い方ーマナー
目的ではなく大事な物を手に入れる手段ーお金 ほか
第3章 熟女の人間関係
自分で選んだ好きな男ー夫
永遠の恋人ー子ども ほか
第4章 熟女の日常
地に足のついた「ちやほや」-家庭
過酷にして厳粛な事実 体型 ほか
第5章 熟女の性
逃げないプロ意識ーセックス
「達人」と「純情」の関係ー回数 ほか

【著者情報】
岩井志麻子(イワイシマコ)
1964年、岡山県生まれ。高校在学中の82年、第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。少女小説家を経て、99年『ぼっけえ、きょうてえ』で日本ホラー小説大賞受賞。翌年、同作で山本周五郎賞受賞。2002年、『チャイ・コイ』で婦人公論文芸賞、『自由戀愛』で島清恋愛文学賞を受賞。作家活動の一方で、タレントとしても活躍

「本来、母性というのは色気から一番遠いはずなのに、今や究極の色気になっていて、世の肉体を持て余し気味のオバサンにとってはホンマにありがたい。特に私のような40代後半の女というのは性欲が旺盛で、閉経前の“閉経セール”をしたいというのが本音。それを買ってくれるのが“やりたい盛り”の20代男性で、セックスの相性はいい。どうかこのブームが私が老女になるまで続いてほしい(笑)」

 一方、熟女に熱い視線を送る男性と同世代の女性の目にはどう映るのか。コラムニストで作家のLiLyさんは、複雑な面持ちだ。

「年上の男性に甘やかされたい願望の若いギャルと同様、男の子も成熟した女性の大きな包容力と優しさに甘えたいという気持ちはわかります。でも、自分を慕ってくれる妹キャラか、自分を包んでくれるお母さんキャラが人気を二分するような現状は、男性の自信のなさを物語っているようにも思います。とはいえ熟女=女ざかり。甘い気持ちで近づくと痛い目みるかと!」

※SAPIO2012年10月3・10日号






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
40代後半の女性は性欲が旺盛で、閉経前の“閉経セール”したいのが本音と岩井志麻子氏 ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる