ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS NHまちかど情報室2016年10月13日(木)…情報2 山頂でおろせるおろし器

<<   作成日時 : 2016/10/13 09:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NHまちかど情報室2016年10月13日(木) いつも身近に富士山を
富士山に思いを寄せて

http://www.nhk.or.jp/ohayou/machikado/20161013.html

情報2 山頂でおろせるおろし器

富士山おろし
http://www.ko-hyo.com/store/gift-20


画像


画像



カネセ 富士山 おろし器(青) FG-44
カネセ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カネセ 富士山 おろし器(青) FG-44 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



【岐阜県/カネコ小兵製陶所】(こひょうせいとうじょ)富士山おろし(おろし金/すりおろし器/伝統工芸/職人/手作り/贈り物/プレゼント/富士山グッズ/おすすめ/和冬/内祝い)
日本の伝統工芸 REALJAPANPROJECT
【工房紹介】大正10年(1921年)10月、岐阜県土岐郡下石町阿庄(おろしちょうあしょう)の山の上で


楽天市場 by 【岐阜県/カネコ小兵製陶所】(こひょうせいとうじょ)富士山おろし(おろし金/すりおろし器/伝統工芸/職人/手作り/贈り物/プレゼント/富士山グッズ/おすすめ/和冬/内祝い) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


【工房紹介】
大正10年(1921年)10月、岐阜県土岐郡下石町阿庄(おろしちょうあしょう)の山の上で伊藤小兵(こひょう)の手により「カネコ製陶所」が誕生しました。創業当初は主に神仏具を焼いていましたが、得意の流し込み成形を生かした熱燗用の徳利(銚子)が昭和40年代後半ごろには生産量日本一に。平成7年(1995年)ごろから生活雑貨としての食器の開発、生産に乗り出し、現在では、今まで小兵窯で培った技術や、特に窯の焼成方法が還元焼成という特性と生活者の視点からみた新しいやきものを製作しています。

富士山おろし
富士山に見立てたユニークなおろし器。小さめのすり目は生姜やわさび、にんにくをおろすのに適しており、すりかけを置いておけるスペースも確保。ほんの少しおろしたいときに重宝し、テーブルにあると、食事がおいしく楽しくなります。また使用後も水で流すだけですりカスも出にくく大変便利です。専用のボックス入りでギフトにもおすすめ。

サイズ:115×90×30mm

注意事項
・電子レンジの長時間のご使用は、破損の恐れがありますので、お止め下さい。温める程度なら問題はありません。
・食器洗い乾燥機使用可
・オーブンレンジは使用不可

●問い合わせ先:株式会社カネコ小兵製陶所
●電話:0572−58−3433

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
NHまちかど情報室2016年10月13日(木)…情報2 山頂でおろせるおろし器 ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる