ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS <「沖縄ヘイト」言説を問う>(4) 沖縄大非常勤講師・親川志奈子さん(36)

<<   作成日時 : 2017/02/16 13:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【社会】
<「沖縄ヘイト」言説を問う>(4) 沖縄大非常勤講師・親川志奈子さん(36)
東京新聞2017年2月7日 朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017020702000129.html


画像


 沖縄は全体の利益のために犠牲になれという考え方や、嫌なものを見るような沖縄へのまなざしはこの十年ぐらいで強まっている。ウチナンチュ(沖縄人)の苦しみや抑圧された現状への抵抗さえも、勝手な解釈をされたり、ウソのストーリーに書き換えられたりして、ネット上や一部メディアで流布されている。

 米軍基地を県内移設、つまりたらい回しにし、墜落したオスプレイも飛ばす。でも安全だし、負担軽減だという話になってしまっている。その政府の態度を補強するかのように、沖縄ヘイトがどんどん出てきている。

 沖縄の問題に関心を持った人は、結局、負担を押しつけている日本人の責任問題だと気付く。これまでは知らないふりを決め込んで、差別者としての状態を維持してきた人が多かった。今はさらに一歩踏み込み、「黙れ」と。反対すると「中国の回し者」「日当をもらっている」と。ネット上には「沖縄が犠牲になるのは当然で、それが民主主義だ」とまで書き込まれている。

 在日コリアンの人たちが沖縄の問題に関わると、今度は沖縄ヘイトをネタに使って在日コリアンへのヘイトが助長される。日本の中でマイノリティー(少数派)を生きるということがヘイトの対象になる構図で、とても憂慮している。

 抑圧者と被抑圧者というポジションを確認したうえで対話していく必要がある。例えば平和運動に取り組む県外の人は、翁長さんが知事選に勝って喜んだが、基地の県外移設論は黙殺する。基地反対運動に対峙(たいじ)する沖縄県警の機動隊員たちを「恥ずかしくないのか」とののしる。

 その意味では左翼であろうと、右翼であろうと、沖縄へのまなざしは抑圧的と感じる。あからさまにぶつけられる沖縄ヘイトもあるし、平和運動の中でも沖縄の声がきちんと聞かれないという沖縄差別がある。

 日本政府の政策が、捨て石にするような方法でしか沖縄を利用していない。かつて日本国憲法のもとに帰ろうと復帰運動をしたが、人権や平和は二の次のまま。その憲法も今や変えられようとしている。今のままでは希望が見いだせない。期待がもてそうにない状況の中で、異なる政治的地位を選択する方がベターではないかと考える人たちが沖縄独立論を語り始めている。

 <おやかわ・しなこ> 1981年生まれ、沖縄市出身、那覇市在住。沖縄大非常勤講師。2013年設立の琉球民族独立総合研究学会の発起人メンバー。専門は社会言語学。消滅危機にある琉球諸語の復興を研究。

【本音のコラム】
沖縄「理解」の本気度  佐藤 優(作家・外務省主任分析官)
東京新聞2017年1月27日



画像


【書評】
沖縄VS.安倍政権 宮里政玄 著(高文研・1620円)
東京新聞2017年1月22日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2017012202000171.html


画像


◆対米自立で築く要塞

「沖縄VS.安倍政権 沖縄はどうすべきか」 宮里政玄著(高文研 1,620円税込)


画像



沖縄VS安倍政権
高文研
宮里 政玄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沖縄VS安倍政権 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沖縄VS.安倍政権 [ 宮里政玄 ]
楽天ブックス
沖縄はどうすべきか 宮里政玄 高文研発行年月:2016年12月 ページ数:127p サイズ:単行本


楽天市場 by 沖縄VS.安倍政権 [ 宮里政玄 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2016年12月15日頃
著者/編集: 宮里政玄
出版社: 高文研
サイズ: 単行本
ページ数: 127p
ISBNコード: 9784874986080

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
再び沖縄を戦場にしないため、沖縄の未来を切り拓くため、安倍政権に対する積極的「反対」の姿勢の継続を説く!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 転換期の沖縄問題
辺野古新基地反対運動の高まり
日米の沖縄少数民族論
在沖海兵隊の抑止力
安倍政権の安全保障政策
第2章 中国の台頭とソフト・パワー
パワー・シフト論
中国の夢
米中で世界を仕切る「G2」体制樹立の挫折
世界戦略の転換ーAIIBとシルクロードの経済構想
中国のソフト・パワー
第3章 アメリカの対中政策と安倍外交
アメリカのアジア・太平洋リバランス
安倍外交/アメリカの対日、対韓政策
リバランス政策と安倍外交の非整合性
第4章 沖縄の現状
自己決定権の主張
辺野古埋め立て承認取り消しと裁判
国・県の和解提案
強硬政策への転換
日米の共同訓練と自衛隊の「南西シフト」
結論ー沖縄はどうすべきか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宮里政玄(ミヤザトセイゲン)
1931年、沖縄県今帰仁村に生まれる。専門は、アメリカ外交史、日米関係。琉球大学教授、国際大学教授、獨協大学教授を経て、現在、沖縄対外問題研究会顧問を務める。著書:『日米関係と沖縄1945-1972』(岩波書店2000年“第29回伊波普猷賞”)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[評者]田仲康博=国際基督教大教授

 かつて沖縄の反基地運動の敵手は米軍であり米政府であった。しかし、ここにきて状況は大きく変わりつつある。本書のタイトルが端的に示しているように、いま沖縄の怒りと抗議の矛先が向けられているのは、アメリカではなく、むしろ日本政府の方なのである。

 宮里は、安倍政権の外交政策がアジア情勢の変化とそれに起因する米中関係の深まりに追いついていないことを指摘する。中国の台頭に対して従来のタカ派的な戦術では対処しきれなくなったアメリカは、経済や軍事の面で中国との関係を強化する方向に政策を転換した。

 その傍らで安倍政権は未(いま)だに中国脅威論に基づいて沖縄の要塞(ようさい)化を押し進めている。宮里は、日本政府が基地強化の理由にあげる海兵隊の抑止力や沖縄の地理的優位性には根拠がないと具体例をあげて批判する。そもそも海兵隊は日本防衛のために駐留しているのではないのだ。

 安倍政権の頑迷さは、じつは計算されたものではないのだろうか。この点において、対米追従と批判されがちな安倍政権にはむしろ「対米自立」の傾向があるとする宮里の指摘は重要なものだ。沖縄における自衛隊の前景化が彼の説を裏づけている。

 新基地建設に反対する沖縄の人々が相対しているのは沖縄防衛局や機動隊員であり、その背後にいる安倍政権なのだ。
 
<みやざと・せいげん> 1931年生まれ。政治学者。著書『日米関係と沖縄』など。

◆もう1冊
 
 佐藤優著『沖縄と差別』(金曜日)。沖縄に対する差別が背景にあるとの視点で新基地建設問題の本質に迫る論集。

「沖縄と差別」 佐藤優著(金曜日 2,268円税込)


画像



沖縄と差別
金曜日
佐藤 優

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沖縄と差別 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沖縄と差別 [ 佐藤優 ]
楽天ブックス
佐藤優 金曜日発行年月:2016年07月 ページ数:318p サイズ:単行本 ISBN:978486


楽天市場 by 沖縄と差別 [ 佐藤優 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2016年07月12日頃
著者/編集: 佐藤優
出版社: 金曜日
サイズ: 単行本
ページ数: 318p
ISBNコード: 9784865720112

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いまも沖縄は「戦場」だ。中央政府の鈍感な対応に沖縄の怒りは沸点に近づいている。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 鳩山政権の「県外・国外」移設方針
第2章 「県外」主張する仲井眞知事の再選
第3章 玄葉外相など相次ぐ閣僚の問題発言
第4章 野田政権によるオスプレイ強行配備
第5章 安倍政権の強権と仲井眞知事の転向
第6章 選挙通じた民意を無視する安倍政権
第7章 「オール沖縄」で活動する翁長知事
第8章 翁長知事に対する国の訴訟とその和解
第9章 米軍属による女性殺人遺棄事件
対談 非暴力・不服従を前面にー佐藤優×元山仁士郎

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
佐藤優(サトウマサル)
1960年、東京都生まれ。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
<「沖縄ヘイト」言説を問う>(4) 沖縄大非常勤講師・親川志奈子さん(36) ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる