アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「論壇時評」のブログ記事

みんなの「論壇時評」ブログ

タイトル 日 時
【論壇時評】  7条解散の恣意が問題 改憲議論は具体的に 中島岳志  東京新聞2017年4月25日
【論壇時評】  7条解散の恣意が問題 改憲議論は具体的に 中島岳志  東京新聞2017年4月25日 【論壇時評】 7条解散の恣意が問題 改憲議論は具体的に 中島岳志 東京新聞2017年4月25日 http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/rondan/CK2017042502000251.html  「憲法改正に賛成か反対か」を漠然と問う世論調査に、違和感がある。何条のどの部分をどのように変えるべきかという具体的内容が伴わない問いには、答えようがない。結局この問いは、改憲/護憲という二分法を、右派/左派のアイデンティティー闘争の道具にして... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/13 07:27
【論壇時評】  福祉国家ヴィジョン 移民政策をめぐり紛糾  中島岳志  東京新聞2017年2月23日
【論壇時評】  福祉国家ヴィジョン 移民政策をめぐり紛糾  中島岳志  東京新聞2017年2月23日 【論壇時評】 福祉国家ヴィジョン 移民政策をめぐり紛糾 中島岳志 東京新聞2017年2月23日 http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/rondan/CK2017022302000248.html  『中央公論』3月号で「2017新書大賞」が発表された。ベストセラーとなった橘玲『言ってはいけない』が一位だったが、注目したいのは、二位と四位だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 20:06
【論壇時評】  岐路に立つ「同盟依存」 トランプ政権と日本  中島岳志 ( 東京工業大教授)
【論壇時評】  岐路に立つ「同盟依存」 トランプ政権と日本  中島岳志 ( 東京工業大教授)  【論壇時評】 岐路に立つ「同盟依存」 トランプ政権と日本 中島岳志 東京新聞2016年11月29日 http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/rondan/CK2016112902000270.html  日本時間の九日夕方、アメリカ大統領選挙でトランプの勝利が確実になった。この直後からさまざまな分析や見通しが語られたが、中でも興味深かったのが翌十日にBSフジ「プライムニュース」が放送した「脱“アメリカ属国”論」だった。出演者は保守思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/12 19:58
【論壇時評】「不要なもの」とされる恐怖 中島 岳志 東京新聞2016年10月27日夕刊
【論壇時評】「不要なもの」とされる恐怖  中島 岳志   東京新聞2016年10月27日夕刊 【論壇時評】 「不要なもの」とされる恐怖 守るべき「弱くある自由」 中島 岳志(東京工業大学教授) 東京新聞2016年10月27日夕刊 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/28 15:52
【論壇時評】 お気持ちをめぐる「ねじれ」 天皇とは 国民的議論を 評者:中島 岳志(東京工業大学) 
【論壇時評】 お気持ちをめぐる「ねじれ」 天皇とは 国民的議論を 評者:中島 岳志(東京工業大学)  【論壇時評】  お気持ちをめぐる「ねじれ」 天皇とは 国民的議論を   中島 岳志(東京工業大学教授) 東京新聞2016年9月27日 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/28 12:36
【論壇時評】 アベノミクスのからくり 破局に向かう「時間稼ぎ」  中島 岳志  東京新聞8月29日 
【論壇時評】 アベノミクスのからくり 破局に向かう「時間稼ぎ」  中島 岳志  東京新聞8月29日  【論壇時評】  アベノミクスのからくり 破局に向かう「時間稼ぎ」  中島 岳志(東京工業大学教授)   東京新聞2016年8月29日  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/31 23:33
【論壇時評】 公明党の本質を問う 政権支持/批判で揺れる 中島岳志 東京新聞2016年5月26日
【論壇時評】 公明党の本質を問う 政権支持/批判で揺れる 中島岳志   東京新聞2016年5月26日 【論壇時評】 公明党の本質を問う 政権支持/批判で揺れる 中島岳志 東京新聞2016年5月26日 http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/rondan/CK2016052602000289.html  参議院選挙が近づく中、「公明党」論が活発化している。理由ははっきりしている。自民党と連立を組み、安倍晋三内閣を支える中、本来の理念と政治行動の間にギャップが生じているように見えるからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/23 14:29

トップへ | みんなの「論壇時評」ブログ

ニ子玉川情報センター  論壇時評のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる