時の花・・・露草

「時の花」を広辞苑で調べると、「その時節に咲く花。その時節にふさわしい花。」と書かれている。
私の六月、七月、この梅雨時の「時の花」は「露草」だ。

多摩川の土手に生えているだろうと探してみたが、見つからない。あちらこちら探しているうちに意外な処で見つけた。東急自動車学校跡地の殺風景な金網塀脇に生い茂っていた。

青い小さな花びら2枚、目立たないが白い花びらが一枚。
画像


学名はCommelina communis
Commelinaという名には腰を抜かすような逸話がある。17世紀のオランダにCommelinいう三人の植物学者がいた。そのうち二人は有名になったが、 もう一人は有名になれなかった。
青いくっきりした2枚の花びらを有名になった二人に、白いわかりにくい1枚の花びらを有名になれなかったもう一人にたとえてCommelinaとしたそうだ。
この逸話本当かな!



身近な野の花のふしぎ 庭に咲く花から野山で見かける花まで、彩りあふれる世界へようこそ (サイエンス・アイ新書)
ソフトバンククリエイティブ
森 昭彦

ユーザレビュー:
写真もイラストも解説 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る













フラワーシャワー(造花の花びら約300枚)【結婚式の演出】
カネコ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック