「岩見隆夫氏の小沢批判」にもの申す。

政治評論家の岩見隆夫氏が、しつこく小沢批判を繰り返している。

今朝(8月28日)も、TBSのみのもんたのサタデーずばッと に出演し、小沢一郎氏の民主党代表選挙出馬を、政治と金を理由に批判している。

政治家が小沢批判をするのは党利党略で戦っているのだから、構わない。

政治評論家が公の電波を使って小沢氏を批判するときは、根拠を持って批判して欲しい。

小沢氏の「金の問題」、岩見氏は理解しているのか疑わしい。小沢氏の政治資金の何が悪いのかが、岩見氏から説明がない。

地検特捜部が不起訴としているのに、いったい小沢氏の何処が悪いのですか?

検察審査会が、再度、起訴相当として、小沢氏を起訴しても、小沢氏を罪に問えますか?プロの地検特捜部が不起訴としたものを、裁判で有罪判決がでると思っているのですか?

私は、仮に起訴されても、有罪の可能性は極めて少ないと思います。

昨年来、地検特捜部の情報を丸飲みして、マスコミは小沢氏を悪の権化に仕立てあげました。
結果はいかがでしたか?水谷建設からの5000万円どうなったのですか?

検察のリークを金科玉条のごとく信じて、裏も取らずに情報を垂れ流すマスコミ、その情報を信じて、岩見隆夫氏は小沢批判を繰り返す。

岩見隆夫さんは、小沢氏を恐れていることがあるのですか?疑ってしまいます。

岩見隆夫さん、「小沢さんの金の何処が悪いのか」を視聴者や読者に解りやすく説明してから、批判して下さい。

毎日新聞のコラム「近聞遠見」に、岩見隆夫氏が火噴くか、「小沢VS世論」と題して書いております。
以下転記します。

火噴くか、「小沢VS世論」 岩見隆夫

おびただしい量の小沢情報である。民主党代表選に小沢一郎前幹事長立つべし、という擁立論も根拠は一様でなかったが、割合興味深く聞いたのは、硬骨漢で知られる西岡武夫参院議長の発言だ。

西岡は、「ここで小沢さんの問題の決着をつけるべきだ。菅さん(直人・首相)と戦って、小沢さんが首相になれば何をやろうとしているのか、もう待ったなしにわかる。それで日本の今の何となくもやもやしている状況はすっきりする」(19日付「朝日新聞」インタビュー)と語った。

キーワードは<もやもや>、正体は多岐にわたるだろうが、この小沢的もやもやのために、民主党内はもとより政界全体、ひいては日本中が澱(よど)んだ。菅・小沢の一騎打ちはそれをほぐす、あるいはほぐす導入部の効果を持つかもしれない。

だが、小沢と親密な西岡が言う<すっきり>とは、どんな状態を指すのか。だれがすっきりと判定するのか。

もやもやの核心に当然<政治とカネ>がある。西岡は、「そんなのも全部、中央突破しちゃうんですよ」(同)と言ったそうだ。

そうはいかない。勝てば官軍式に、かりに小沢が代表選を制し首相に就いたとして、それだけで政治資金疑惑を突破できるはずがない。

突破論を補足するように、小沢側近の一人は、「100%完全な人なんていない。佐藤さん(栄作・元首相)のケースだってある。逮捕状が出たのに、あとで首相になって、沖縄返還をやり遂げ、ノーベル平和賞までもらったじゃないか」と抗弁した。

吉田政権末期の1954年に発覚した造船疑獄だ。
検察当局は佐藤自由党幹事長、池田勇人政調会長、三木武夫元幹事長、岡崎勝男外相、重光葵改進党総裁ら大物を含む五十数人の政治家を取り調べた。
同年4月、佐藤に対し2000万円収賄の容疑で逮捕許諾請求をするが、吉田茂首相の指示で犬養健法相が指揮権を発動し阻止、逮捕をまぬがれる。犬養は辞任した。
当時、「佐藤が受け取ったカネはすべて党資金になった。私腹を肥やしたのではない」と言われたが、はっきりしない。
疑いを受けたなかから、のちに池田、佐藤、三木の3人が首相に上りつめる。

しかし、だから小沢も、という議論はもはや通用しない。
小沢マネーの公私の別もあいまいだ。
とにかく業界ワイロがはびこる戦後保守の<負の遺産>を断ち切れ、と世論は民主党政権に求めている。

先日の「毎日新聞」調査で、大半の85%が小沢復権は<好ましくない>と回答したのも、<小沢とカネ>に強い疑念を持ち続けているからだ。

小沢の出方次第では、小沢と世論が全面対決の構図になる。
「世論迎合の政治はしない。内閣支持率がたとえ3%になっても、国のためにやる」と小沢側近は勝利を前提に悲壮感を語るが、かつてない異常な首相選びだ。

27日付主要6紙は、小沢の出馬表明について、次の社説を掲げた。
 ▽あいた口がふさがらない(朝日)
 ▽大義欠く小沢氏の出馬(毎日)
 ▽日本の針路を競う代表選に(読売)
 ▽国の指導者に不適格だ(産経)
 ▽主導権争いだけの党代表選なら不毛だ(日経)
 ▽「国のかたち」こそ争点だ(東京)

新聞論調にも温度差がある。小沢VS世論が火を噴くか。世論側も問われている。(敬称略)=毎週土曜日掲載

岩見隆夫氏はこのコラムで、小沢さんの政治資金を以下のように批判している。

小沢マネーの公私の別もあいまいだ。
とにかく業界ワイロがはびこる戦後保守の<負の遺産>を断ち切れ、と世論は民主党政権に求めている。


建設会社からの政治資金はワイロなんですか?企業献金はワイロなんですか?

一連の小沢事件の検察捜査でワイロが実証されたんですか?




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック