ミカンむいたら、ネッシー登場 皮で工作、紹介本“あたらしいみかんのむきかた”・・・asahi.com

asahi.com2011年2月11日12時27分掲載
http://www.asahi.com/culture/update/0210/TKY201102100192.html

ミカンむいたら、ネッシー登場 皮で工作、紹介本ヒット

書籍名

あたらしいみかんのむきかた (絵・文=神谷圭介、小学館)

画像

画像


あたらしいみかんのむきかた (児童書) / 岡田好弘/著 神谷圭介/著
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。


楽天市場 by あたらしいみかんのむきかた (児童書) / 岡田好弘/著 神谷圭介/著 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「あたらしいみかんのむきかた」から「うさぎのむきかた」

 ミカンの皮から様々な生きものをつくる工作を紹介した本「あたらしいみかんのむきかた」(絵・文=神谷圭介、小学館)が好調な売れ行きを見せている。昨年11月に発売されるとツイッターなどで評判となり、すでに4刷5万6千部に達した。

 十二支の動物をはじめ、トナカイ、イカ、鶴、ネッシーなど25種の作品を図入りで紹介。加工にあたり、つまようじやカッターを使うものの、基本は皮を切り出すだけだ。目にあたる部分にはミカンのへたを用い、カエルやカマキリをつくるときは緑色の極早稲(ごくわせ)ミカンを使うよう勧めるなど芸が細かい。

 むき方を考えたのは岡田好弘さん(45)。「ミカンという立体から平面をつくり出す、折り紙とは正反対の面白さ」にひかれ、5年前に創作を始めた。今では70種以上つくれるという。

 本業は牧師。「捨てられてしまうはずの皮に切れ目を入れるだけで無限の可能性が広がる。神から与えられたものを感じながら創作に励んでいます」と話している。(宮代栄一)
.

あたらしいみかんのむきかた
小学館
岡田 好弘

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あたらしいみかんのむきかた の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック