菅首相、孫正義氏と3時間会食・・・菅直人、延命の為には何でもする。 今度は孫さんに抱きついた。

首相、孫正義氏と3時間会食
http://www.asahi.com/politics/update/0515/TKY201105140583.html

朝日新聞2011年5月15日1時7分

 嵐のど真ん中で船長を代えると言われても困る――。菅直人首相は14日夜、ソフトバンクの孫正義社長と東京・赤坂の日本料理店で3時間近く会食し、エールを送られた。孫氏は先月、原発に代わる自然エネルギーについて政策提言する新たな財団設立を表明しており、エネルギー政策の抜本見直しを掲げる首相と意気投合したようだ。

 会食は、孫氏の自然エネルギーに関する論文を読んだ首相の誘いで実現。同席した福山哲郎官房副長官によると、孫氏は首相が踏み切った中部電力浜岡原発への停止要請を「ご英断」と評価し、「今後もぶれずにやっていってほしい」と励ました。首相は「元気を頂いた」と応じていたという。(岡村夏樹)


菅首相:孫社長に「元気いただいた」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110515k0000m010139000c.html

 ソフトバンクの孫正義社長 菅直人首相は14日夜、東京都内でソフトバンクの孫正義社長と約3時間会食し、再生可能エネルギーの活用について意見交換した。

 孫氏は首相の浜岡原発停止要請を「歴史的な英断」と評価し、首相は「再生可能エネルギー普及と原発の安全性を懸命にやっていきたい」と応じた。孫氏は「自然エネルギー財団」を設立すると表明している。

 また、孫氏は「嵐のど真ん中で船長を代えることはあり得ない」と与野党に広がる首相の退陣論を批判し、首相は「大変元気をいただいた」と答えた。

毎日新聞 2011年5月15日 1時31分(最終更新 5月15日 2時03分)


孫社長が菅首相を激励 自然エネルギー推進で意見交換
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110515/plc11051500550000-n1.htm

産経新聞2011.5.15 00:54

 菅直人首相は14日夜、都内の日本料理店で、孫正義ソフトバンク社長と約2時間45分にわたって会食し、福島第1原発事故を受け、自然エネルギー推進について意見交換した。福山哲郎官房副長官が同席した。

 孫氏は、太陽光発電など自然エネルギー推進の重要性を指摘。浜岡原発停止の首相判断について「歴史的英断だ」とたたえ、「嵐のど真ん中で船長を代えられても困る。ぶれずにがんばってください」と激励した。

 首相は「大変元気をいただいた。再生可能エネルギーについて懸命に取り組みたい」と語った。

 福山氏によると、「原子力からの脱出」を特集した雑誌「世界」6月号に、孫氏が寄稿した論文「東日本にソーラーベルト地帯を」を菅首相が読んで、会食がセットされたという。

.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック