菅直人の往生際の悪さは天下一品!・・・TBS、毎日、朝日は嘘つき直人をどのように擁護するの?

昨日の民主党代議士会での鳩山由紀夫前総理の発言要旨

「一定の仕事を果たされたあかつきに、大変恐縮だが、身を捨てていただきたい、職を辞していただきたいということを、お願い申し上げた。そのことによって、身を捨ててぜひ党を救うというよりも、国難を救っていただきたいということも申し上げた。

 そのことに対して、先ほど首相が重大な決意を自身の言葉で述べられたと私は理解する。

 具体的には、復興のために現在議論を進めている復興基本法案を成立させる。さらに2次補正予算案の早期編成のめどをつけていただく。成立というよりもめどをつけていただきたい。そのあかつきに恐縮ながら、自身の身をお捨て願いたいということも申し上げた。」

菅直人は、この鳩山由紀夫発言を否定しなかった。

テレビを見ていた、普通の人は、菅直人の詭弁と鳩山由紀夫のどちらを発言を支持するだろうか?

菅直人とは鳩山発言が事実と違うならば、その場で否定しなければ、説得力に欠ける。

往生際の悪さは天下一品。

両院総会で首相辞任へ圧力 枝野氏陳謝「不信高めた」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011060301000564.html

東京新聞2011年6月3日 19時09分【政治】

画像

 参院予算委で答弁する菅首相=3日午後

 菅直人首相は3日、国会答弁で年明けまでの続投意欲を重ねて強調した。これに対し鳩山由紀夫前首相は党両院議員総会の開催要求で辞任圧力を強め、自民党の山本一太参院政審会長は6月末にも問責決議案の提出検討を表明した。内閣不信任決議案可決は回避した首相だが対立は再び激化、枝野幸男官房長官は「国民の政治不信を高める状況」と陳謝した。

 早期退陣の約束をほごにしたとして首相を「ペテン師」呼ばわりした鳩山氏は3日、首相が早期辞任に応じない場合、両院総会で退陣要求する考えを示した。総会は党所属議員の3分の1以上の求めか、執行部の判断で開催可能。鳩山氏は近く小沢氏と会談し、今後の対応を協議する意向だ。

 3日の鳩山グループの会合では、首相を擁護する岡田克也幹事長の党運営への不満も続出した。

 一方、首相は3日の参院予算委員会で、2日の民主党代議士会で行った自らの退陣をめぐる発言について「発言した通りと理解してほしい」と重ねて説明。鳩山氏が2011年度第2次補正予算案編成にめどがついたら辞任との認識を示したことに対し「この(確認事項)文書以外の合意はない」と繰り返した。

(共同)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック