ニコン、デジカメ好調で今期業績予想を上方修正

ニコン、デジカメ好調で今期業績予想を上方修正
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22649320110810?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

Reuters2011年 08月 10日 19:09 JST

画像


 [東京 10日 ロイター] ニコン(7731.T: 株価, ニュース, レポート)は10日、2012年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高を前年比11.5%増の9900億円(従来予想9400億円)、営業利益を同59.1%増の860億円(同680億円)、当期純利益も同2.1倍の600億円(同420億円)にしたと発表した。

 東日本大震災で混乱したサプライチェーンの回復が想定よりも早いほか、米欧や新興国でデジタルカメラの需要が拡大しており、円高の逆風を上回る伸びが期待できると判断した。

 営業利益予想は、トムソン・ロイター・エスティメーツによる主要アナリスト18人の予測平均744億円を上回った。業績予想の上方修正に伴って、年間配当予想を従来の27円から34円に増額した。

 一方で、足元の円高進行を踏まえ、7月以降の想定為替レートをユーロ/円については110円とし、従来想定の115円から見直した。ドル/円は従来想定の80円を据え置いた。為替の影響は約8割がデジカメ事業によるものだが、カメラ生産の主要拠点がタイと中国にあるため、部材のドル調達でドル安の影響は比較的軽微。しかし、欧州でのカメラ販売にあたるユーロ安のリスクは高い。7月以降、1円の円高による営業利益への影響額はドルが8億円、ユーロが10億円。

 <デジカメ、初の2000万台超えへ>

 12年3月期のデジカメ販売計画は、震災の影響が不透明だとして期初に公表を見送っていたが、同日、通期で2090万台(前年同期は1855万台)にしたと発表。内訳は、コンパクトが1550万台(同1426万台)、一眼レフが540万台(同429万台)。通期でデジカメ販売が2000万台を超えれば、同社として初めてとなる。

 これにより、今期のデジカメ事業の営業利益予想は従来の530億円から710億円に上方修正した。一方で、露光装置事業の営業利益予想は310億円で据え置いた。露光装置の販売計画は、半導体用(新品)が60台、液晶用が82台で変更はないが、スマートフォン(多機能携帯電話)で需要が拡大する中小型液晶(第4世代以下)用装置の計画を従来予想の34台から36台に積み増す一方、5―6世代の計画を減少させるなど、内訳に変動があった。

 記者会見した伊藤純一副社長は、デジカメ販売が好調に推移していることについて「サプライチェーンが想定より早く、4月末にはほぼ回復した」と指摘し、生産面での制約が解消されたことを挙げた。さらに需要面についても「日本は難しいが、欧米のほか中国などアジアは好調で、それに対してきちんと供給体制ができた」と述べた。

 ただ、キヤノン(7751.T: 株価, ニュース, レポート)など競合他社も一眼レフを中心に強気な販売計画を出しているほか、欧米の景気も不透明なことから「下期はカメラの販売競争が激化する恐れがある」(伊藤副社長)との認識を示した。

 円高の対策としては、ドルによる部材調達でカバーするだけでなく為替予約でヘッジする。すでに9月末まで為替予約は、ドルは89%を83円で、ユーロは95%を115円でカバー済みだという。生産拠点の海外移転は「カメラはタイと中国に工場があるので、さらに行う計画はない」(同)と話した。

 (ロイターニュース 村井令二) 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック