ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢無罪でないと大変なことだ

<<   作成日時 : 2011/10/07 20:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小沢無罪でないと大変なことだ
http://gendai.net/articles/view/syakai/132995
【政治・経済】
日刊ゲンダイ2011年10月7日 掲載


画像


なぜ暗黒裁判に大騒ぎするのか

<本来、検察が2回も不起訴にした人物がシロウトの手で裁判にかけられること自体が民主主義国で許されないはず>

 昨夜、小沢一郎が病院に救急搬送された。過労か心労か重体か、本当のところはまだ不明だが、無理もない。検察に狙われてから2年半。小沢にとっては悪夢のような毎日が続いてきた。69歳。いくら剛腕でも参ってしまって当然だ。

「地元・岩手が大地震でやられ、小沢さんとしては政策や仕事がしたかったはず。でも、ずっと身動きの取れない立場に追いやられ、裁判闘争がついて回った。意地だけで元気な姿を見せていたけど、これだけストレスがたまる日が続けば、倒れてもおかしくありませんよ」(民主党関係者)

 強制起訴された6日の自分の裁判で、小沢は裁判長や指定弁護士を前に、「直ちに裁判を打ち切るべきだ」「明白な国家権力の乱用だ」と強い言葉で持論を展開。続く記者会見でも、大手メディアの記者たちの質問を蹴散らしていた。やはり凄みがあるし、スケールが違った。

 こんな強い信念と迫力をもった政治家こそ今の日本には必要不可欠で活用すべきなのに、まったく狂っている。この国の大マスコミは暗黒裁判を後押しし、あおることしかやらないのだから、どうしようもない。小沢の緊急入院に対しても、なんの罪悪感もない。

 あらためて聞くが、そんなに小沢は罪人なのか。そもそも何が悪いというのか。検察審査会という法律シロウトの集まりが小沢を法廷に引きずり出したが、小沢本人の政治資金規正法事件は検察捜査で2度も不起訴だった。だれも逆らえない最強の東京地検特捜部が1年半も強制捜査を続けながら、ついに立件できなかった事件である。検察は完敗したのだ。

 それなのに、何としても小沢を潰したい大マスコミと司法が、シロウト機関を使って寄ってたかって犯罪者扱いし、刑事被告人にしてしまう。民主主義国では許されないことだが、それが当然のごとくまかり通っている。恐ろしいし異常だ。




とべないホタル3?月見草のまつり
ハート出版
小沢 昭巳

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by とべないホタル3?月見草のまつり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

小沢一郎は背広を着たゴロツキである。
飛鳥新社
西部 邁

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小沢一郎は背広を着たゴロツキである。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

とべないホタル4?月の船、星の林に
ハート出版
小沢 昭巳

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by とべないホタル4?月の船、星の林に の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小沢無罪でないと大変なことだ ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる