引退騒動みのもんたに体調不良説

引退騒動みのもんたに体調不良説
http://gendai.net/articles/view/geino/132970
【芸能】
日刊ゲンダイ2011年10月4日 掲載

都内の病院からTV局に通っていたという情報

<引き際も「ズバッ!」と?>

 みのもんた(67)が“引退宣言”したが、何があったのか。9月下旬に突然、日本テレビの番組で「ボクも来年3月に引退の身」と明かしたわけだが、来年3月で本当に「朝ズバッ!」などテレビとラジオのレギュラー4番組をすべて降板するという。
 今後は水道メーター製造販売会社「ニッコク」の社長を務める傍ら、現役のアナウンサーを対象にした「キャスター学校」を開くプランもあるようだ。
 不可解なのは引退宣言のタイミングだろう。TBSにとってみののギャラは高額という指摘があり、「朝ズバッ!」の打ち切りが何度か伝えられたが、結局、継続してきた経緯がある。また、震災後に地震や原発を積極的に取り上げたため、番組の視聴率が上向いていた。なのに“なぜ今?”というわけだ。

<レギュラーすべて降板と報道>

「人気司会者のみのにとって引き際は大切なテーマだったのでしょう。勢いのあるうちに引退しようとずっと意識していたのでは。今年5月に日テレ勤務の次男が結婚したことも節目となったようです」(関係者)
 もっとも、体調不良説も流れている。みのは06年に、持病の腰部脊柱管狭窄症の手術を受けた。年齢も年齢だけに、腰以外のケアが必要のようだ。
 震災前には都内の病院に1週間近く入院していて、病院からTBSに通っているという情報が目撃者から寄せられた。そこで、みのの事務所に問い合わせたところ否定したが……。
「単なる人間ドックではなかったのでは。彼は震災後から大好きな銀座のクラブ通いもやめています。体調の問題もあるのかもしれません」(消息筋)
 今回も事務所に問い合わせたが「体調うんぬんではなく契約上の問題です。来年3月以降は未定ですが、すなわち引退ということではございません」と回答した。
 いずれにせよ、ズバッとした引き際ならみのらしい。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック