「夫婦ゲンカで男はなぜ黙るのか」タラ・パーカー=ポープ著、古草秀子訳(NHK出版2300円)

「夫婦ゲンカで男はなぜ黙るのか」タラ・パーカー=ポープ著、古草秀子訳(NHK出版2300円)
【書籍・書評】
日刊ゲンダイ2011年10月24日 掲載
http://gendai.net/articles/view/book/133320


画像



夫婦ゲンカで男はなぜ黙るのか
楽天ブックス
タラ・パーカー・ポープ 古草秀子 NHK出版発行年月:2011年09月 予約締切日:2011年09月


楽天市場 by 夫婦ゲンカで男はなぜ黙るのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



<言いたいことを我慢すると、妻は死亡率が4倍!?>

 夫婦ゲンカで口論になっても、口が達者な妻にはかなわずジッと我慢……。実はこれ、夫にとっても妻にとっても、非常に“良いこと”なのだという。

 タラ・パーカー=ポープ著、古草秀子訳「夫婦ゲンカで男はなぜ黙るのか」(NHK出版2300円)は、健康ジャーナリストによる“結婚の科学”。夫婦に関する科学的なデータを集め、より良い関係を築くためのヒントを提示していく。

 結婚して12年以上の夫婦42組を対象に行われた、免疫力に関する実験がある。まずは、相手に直して欲しいことについて、穏やかに話し合ってもらう。また別の機会には、夫婦がとくに感情的になってしまう問題を取り上げてもらった。そしてこの間、腕に小さな傷をつくり、治り具合を調べたのだ。

 その結果、感情的な討論のときの傷は、穏やかな話し合いのときよりも、治癒が丸1日遅かった。また、血液を調べたところ、敵意むき出しだった夫婦には、がんや心臓病に関連する免疫系の乱れも見られたというのだ。

 さらに、10年に及ぶ実験では、夫との口論の際に我慢して口をつぐむ妻は、言いたい放題の妻と比較して4倍も死亡率が高いという結果が出た。一方、男性は口論になると心臓血管系がストレスを受けやすく、血圧が上昇し、これが女性と比較すると非常に治まりにくいという。つまり、夫は口をつぐんだ方が、体への負担が少ないということなのだ。

 今後もジッと黙って、妻のお小言を聞いておくか……。 .

「夫婦ゲンカで男はなぜ黙るのか」タラ・パーカー=ポープ著、古草秀子訳(NHK出版2300円)


夫婦ゲンカで男はなぜ黙るのか
NHK出版
タラ・パーカー=ポープ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夫婦ゲンカで男はなぜ黙るのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日: 2011年09月
・サイズ: 単行本
・ページ数: 365p
・ISBNコード: 9784140815045

そうだ、科学者に聞いてみよう!

浮気は遺伝子のせい? 離婚するか否かは、口ゲンカの初めの3分を観察すれば予測できる?男が散らかった服を片づけないのは原始生活の名残り? 相性って根拠があるの? 名うての科学ジャーナリストが、結婚生活の諸問題について、医学、脳科学、心理学の現場に取材。「結婚の科学」の最前線をゆく。
■カウンセラーや友人の助言からでは得られない答えを、最新科学の研究から探る。

【内容情報】
理解に苦しむパートナーの行動も、じつは科学で説明がつくのかも?気鋭のジャーナリストが、医学、脳科学、心理学の現場に取材し、より健康的な夫婦関係を築くための、シンプルで実用的なアドバイスを探りだす。

【目次】
1 より良い結婚生活のために
(結婚の現実を知ろうー離婚は少なくなっている/結びつきの科学ー浮気するのは遺伝子のせい?/愛の化学反応ーロマンスは測定できる?/セックスの科学ー快適な性生活のための傾向と対策/結婚と健康との関係ー免疫力をダウンさせる結婚とは?)
2 結婚生活に問題が生じたらー軌道修正するために
(あなたの結婚を科学するー夫婦関係の健康度を診断しよう/衝突の科学ー夫婦げんかのルール/子育ての科学ー子供は天使か、悪魔か/家事の科学ー雑用をめぐる戦争/結婚の経済学ー愛さえあれば…大丈夫?)
3 今日からできること
(性別による役割と主導権争いー対等な結婚というのは幻想か?/結婚生活を長続きさせるにはーあなたの離婚リスクはどのくらい?/良い結婚の科学ー健全な結婚のための処方箋)

【著者情報】
パーカー=ポープ,タラ(Parker-Pope,Tara)(パーカーポープ,タラ)
健康ジャーナリスト。ニューヨークタイムズ紙の人気コラム「ウェル」の執筆者。テレビやラジオでも活躍し、「トゥデイ・ショー」「グッドモーニングアメリカ」「CNN」「チャーリー・ローズ」などに出演。「ナショナルパブリックラジオ」の各番組にもたびたび登場している。ペンシルヴェニア州で一人娘のレイニーと一緒に暮らしている

古草秀子(フルクサヒデコ)
翻訳家。青山学院大学文学部卒。ロンドン大学アジアアフリカ研究院(SOAS)を経てロンドン大学経済学院(LSE)大学院にて国際政治学を学ぶ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック