ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢一郎氏 TPPで米の狙いは農業ではなく郵貯、医療分野

<<   作成日時 : 2012/01/04 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小沢一郎氏 TPPで米の狙いは農業ではなく郵貯、医療分野
NEWSポストセブン2012.01.04 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20120104_78636.html

2012年、日本政治の大きな争点の一つがTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加問題だ。政治ジャーナリスト・渡辺乾介氏(『小沢一郎 嫌われる伝説』著者)が小沢一郎・元民主党代表にTPP問題についての見解を聞いた。

「小沢一郎嫌われる伝説」 渡辺乾介著(小学館 1,575円)


画像



小沢一郎 嫌われる伝説
小学館
渡辺 乾介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小沢一郎 嫌われる伝説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


* * *
――TPP参加論者たちは、小沢さんはもともと市場開放論者だったじゃないかという物言いをする。

小沢:そう。僕は開放論者ですよ。

――かつてのウルグアイ・ラウンド(※1)の時も、いち早く開放して有利な交渉権を獲得しようとした。

小沢:僕はそう主張した。だけど、日本政府はそれをいえなかったわけだ。あの時は自民党内で話が全部でき上がっていた後だから、そこから動かす余地はあまりなかったんだけれど、僕は自由貿易に原則賛成したうえで交渉すればいいという意見だった。今だって政府に交渉能力があるんだったら何も心配ないです。

――しかし……。

小沢:ないから心配になる。

――アメリカの言いなりになると、どういう問題が考えられるか。

小沢:協定書に載っているとおりですよ。23分野(※2)かな。でも、実はマスコミが一番騒いでいる農業なんて、アメリカにとっては大したことではないんですよ。

――それでアメリカが儲かるなんてことはない。

小沢:日本の農林水産業の年間総生産高は13兆円です。だから、金額だけでいえば大したことではない。ただし、それに関わっている日本の農家は直接的な打撃を受ける。その対策は十分に講じなければならない。

でも、アメリカの狙いはそれじゃないんです。案の定、アメリカは挙げてきたでしょう。郵貯とか医療とかですよ。アメリカは自分の都合のいいところの規制撤廃を求めてくる。すでにその国の市場に入り込んでいる分野は黙っている。

――実際、牛肉などはオーストラリアのほうがアメリカより全然安い。

小沢:日本の牛肉だってちゃんと売れている。今は放射能問題があったりするけれど、アメリカ産とは肉の質が違うからね。市場開放に備えるためにも、国内対策として農業戸別所得補償の創設をマニフェストに入れた。その対策をきちんとやれば、農業はやっていけるんです。けれども、ノーガードでTPPに参加したら、もろに生産者にしわ寄せが行く。

――先を見据えて農業戸別所得補償制度も考えて政権政策の基本にしたのに、それを棚上げした。TPP参加の手順が何もない。

小沢:何を考えているんだか、わからないですね。

※1/1986〜95年にかけて行なわれた農産物、サービス貿易分野を中心とする多国間貿易交渉。自民党政権から交渉を引き継いだ細川政権は1993年、コメに高い関税をかける代わりに一定量を輸入する部分開放を決断。国内農業対策として10年間で6兆100億円の対策費が支出された。

※2/TPP協定の交渉には農業、金融、電気通信、政府調達、環境など23分野の作業部会が設けられている(首席交渉官会議を含めると24部会。21分野とする数え方もある)。

※週刊ポスト2012年1月13・20日号


「小沢一郎嫌われる伝説」 渡辺乾介著(小学館 1,575円)


小沢一郎嫌われる伝説
楽天ブックス
渡辺乾介 小学館発行年月:2009年12月 予約締切日:2009年11月28日 ページ数:319p


楽天市場 by 小沢一郎嫌われる伝説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品情報
・発売日: 2009年12月
・サイズ: 単行本
・ページ数: 319p
・ISBNコード: 9784093897204

民主党政権の“当主”である小沢一郎の素顔を明らかにする政治ノンフィクション。小沢が最も信頼するジャーナリスト・渡辺乾介氏が、その性格、知られざるエピソード、政治信条、今後の計画まで余すところなく書く。


【内容情報】
「ありがとう」を言わない。政治家・小沢一郎の単純すぎる欠陥はこの一言に凝縮する。この男は何を考え、いま日本を何処へ導こうとしているのか。スクープ・エピソード満載!小沢研究20年の第一人者が「行動原理」「思考パターン」「弱点」すべてを明かす。

【目次】
「小沢」の序
第1章 メディアの嫌われ者-「小沢報道」の虚実
第2章 官僚を脅かす三つの証文-「小沢総理」を恐れる真実とは
第3章 『あの時』の小沢一郎-節々の陰陽のエコロジー
第4章 「1000」vs「1001」の小沢政治-国民が小沢を助ける進化の軌跡
第5章 「稲山一郎」色は「小沢一郎」色か-ケニー鍋島が描く永田町ワールド
エピローグ 小沢が夢見る「夢」の幻視度
おわりに-時空を超えて

【著者情報】
渡辺乾介(ワタナベケンスケ)
政治ジャーナリスト。1943年、新潟県出身。上智大学新聞学科中退。『フォーカス』『週刊新潮』『週刊ポスト』などで活躍。歴代総理大臣、派閥領袖、野党党首など大物政治家に深く食い込む取材活動で知られ、政治家・小沢一郎の研究における第一人者


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小沢一郎氏 TPPで米の狙いは農業ではなく郵貯、医療分野 ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる