ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS 日刊ゲンダイ うわさの真偽・・・スマホの本命

<<   作成日時 : 2012/02/17 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

【うわさの真偽】
スマホの本命
【政治・経済】
日刊ゲンダイ2012年2月14日 掲載
http://gendai.net/articles/view/syakai/135134

 ソニー、シャープ、パナソニックなど、国内ハイテク企業が業績を下方修正する一方、韓国サムスン電子や米アップルなど、海外ハイテク企業が過去最高益を更新だ。

 明暗を分けたのがスマートフォン。そして国内スマートフォン関連の本命がソフトバンクではないか。3月にはiPad3の発売を控えることに加え、プラチナバンドと呼ばれる携帯電話用の900メガヘルツ帯周波数の新規割り当ての最有力候補として取り沙汰されている。

 株価は底打ちから三角もちあい上放れと、テクニカル的に買いシグナル。

<織り込み済み>

 週明けの寄り前に発表された10―12月期のGDP成長率は前期比年率でマイナス2.3%と、予想以上に悪かった。

 しかし、東京株式市場への影響は限定的。つまりは織り込み済みなのだろう。むしろギリシャ議会で緊縮財政案が可決されたことを好感しているため、注目ポイントは外部環境であったり、あるいは1―3月期にどれほど回復するか、ということではないのか。足元で相次いだ業績の下方修正でも、日経平均株価は大きく下がらない。ここは地合いが強いと判断して買うべきところなのだろう。主力大型株などを物色するのが定石である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
羽根ペンんぺnepホト印膤プタ太陽電池動作テキストリーダー付き公衆電話カメレオン携帯第三世代LTE版は原爆残土β線線で潰れ排他的論理差分圧縮RPN日本語文法方式1次ホールドは放射線遮蔽再設計からやり直しの流寝砂州払い繰延要請?
タッチパネル版親機も2〜3日で全壊?
アップルの配当金受け取り拒否分で揉み消しの旧河本派殺戮?
交換機はお高く天井にとめて無線LAN局?

32ビット版大型電算機でもコンデンサメモリのタイミング合わせは上手くいかない対策:電線遅延線路使いハザードフリーのクレイ-1‥Ω社のエレクトロニクス誌
QUADコア4並列化の好きな欧米‥電子立国ニッポンの自叙伝は零次ホールドに高速演算子が丈夫が一番なる兌換機商売‥
実用実務ソフトウェアは外注‥
級数使い収束演算に有理数近似の浮動小数点計算競争用だけが世界一の秘技?

計算機本体機能で放射線センサーとするとあっさり通信不能になって無用のブラックボックス也と
ソフトバンクの新作はバンドギャップの大きいLEDホトダイオードで太陽UV光以上の仕事関数分でγ線検出器付きだょの売り‥
放射能遮断パッケージはNECが半導体世界一からの歴史有り。
箕蛙
2012/06/03 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
日刊ゲンダイ うわさの真偽・・・スマホの本命 ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる