ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS スクープ ウラ契約 36億円だけじゃなかった  清原の父親にまで「毎月100万円」払っていた巨人軍

<<   作成日時 : 2012/04/17 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

経済の死角
スクープ 36億円だけじゃなかった
清原の父親にまで「毎月100万円」払っていた巨人軍
現代ビジネス2012年04月17日(火)週刊現代


 開幕から1勝5敗。巨人軍のスタートダッシュの失敗は一連の金銭疑惑報道と関連しているのかもしれない。選手も気が乗らないし、気が気じゃない。問題がないと言うなら、全て公けにしてはどうか。

ウラ契約

 朝日新聞は入手した内部文書に基づき、二岡智宏、阿部慎之助、高橋由伸ら巨人軍の6選手の実際の契約金額や、細かな支払い方法まで詳細にスクープした。

 その総額は36億円にも及ぶ。

 暴露された読売側は朝日に何度も「質問状」を送りつけ、「(記事は)読者を誤導するもの」などと批判している。4月4日付朝刊では、〈朝日の回答「極めて不誠実」契約金報道で巨人がコメント〉という記事を掲載、翌5日にも続報を載せた。

 いままでウラ契約を隠し通してきた巨人が、スクープした朝日に逆ギレし、「偏向記事」だと批判しているわけだ。

 スポーツライターの玉木正之氏はこう話す。

「読売は、『契約金の最高標準額は規約ではなかった、だから発表する必要もない』と主張している。その主張自体はいいとしても、そもそもそれを規約・ルールにしていないこと自体が正しくないんです。

 本来、契約についてはすべて表に出さなければいけない。公共の文化である野球で動いているカネを、隠してはいけないんです。たとえば、阿部慎之助が10億円もらっていたことがきちんと公になっていれば、寄付をするとか、社会的責任とかいろんなことができる。その意味で、読売も情けないし、それを主張できない朝日も情けない」

 ファンから集めたカネで運営するプロ野球球団・選手は、経理をガラス張りにすることが期待されている。しかし、逆指名制が導入されて以降、「秘密契約」が常態化した。

「巨人などが主張して'93年にドラフトの逆指名制度が始まってから、有望選手には密かに巨額の契約金を提示し、札束にモノを言わせて獲得するのが常識になった。巨人だけでなく、資金力のある球団は多かれ少なかれ秘密契約をやっていた」(スポーツ紙デスク)

 しかし、際限なきマネー戦争は、'04年8月に大きな転機を迎える。

 明大・一場靖弘投手に「栄養費」名目で現金を渡していたことが発覚し、巨人・渡邉恒雄オーナー、三山秀昭球団代表らが辞任した。その後阪神、横浜もカネを渡していたことが発覚してオーナーが退任。各球団が選手に払うウラ金はこれ以降、大幅に減ったという。

 '05年には各球団が「倫理行動宣言」に合意し、'06年には逆指名が名前を変えた「希望入団枠」制度も廃止された。

 しかしこの'93年~'05年までの間、球界には秘密契約が横行していたことが、今回の朝日スクープなどで分かってきている。

 そしてまさにこの期間に、巨人に在籍したのが「番長」清原和博だ。

 清原は'96年オフにFA宣言し、11年在籍した西武ライオンズを離れた。当時の長嶋茂雄監督らの熱烈な勧誘を受けて、巨人入団。'01年までの5年契約を結んでいる。

 さらに'02年から契約を更新、'05年までの計9年間巨人でプレーした。

 巨人軍関係者が語る。

「巨人は清原とも、ウラ契約を結んでいたんです。金額は月100万円。ただしその金は、清原本人にではなく、清原の父の洋文氏に支払われることになっていました。巨人と洋文氏との間で正式な契約書もとり交わしています。

 名目は、『洋文氏が3ヵ月ごとに上京して、巨人に関西アマ野球事情を報告することに対する報酬』です」

1回の報告で300万円

 これが事実なら、洋文氏はたった1回の報告で300万円を手にすることになる。しかもそれは、実質的には巨人から清原へのウラ報酬だと、この関係者は言うのである。

 清原は巨人に入団した'97年こそ130試合に出場し32本のホームランを打つなど活躍したが、その後はパッとせず、'99年、'00年と10本台のホームラン数が続いた。故障が多くなり、この2年間は86試合、75試合の出場に止まっている。

 巨額の契約に見合わない働きには、巨人ファンはもとより経営陣も不満を募らせていた。

「'99年に渡邉恒雄オーナーが、『清原は切るぞ!』と騒いだ一件があったんです。読売グループの最高経営会議(渡邉氏・氏家齊一郎氏、水上健也氏らが出席)では、長嶋監督が『もう選手として先はない』と清原に見切りをつけるような報告をしたと聞いています。

 現場もフロントも、清原切りで一致していたんです。ところが契約最終年の'01年、奮起した清原が奇跡的に復活した。それで当初の方針が一転したのです」(別の巨人関係者)

 個人トレーナーと契約するなどして肉体改造に成功した清原は、'01年、134試合に出場し、29本塁打、打率2割9分8厘という好成績を残した。

 これにより巨人は清原と再契約、その契約期間は4年となった。

「清原の父親との秘密契約は、'02年ころから始まったようです。

 契約書は巨人側と洋文氏が署名捺印したもので、契約期間は4月から翌年3月までの1年間。双方とくに異論がなければ、'09年まで自動延長することも契約書内で定められていました。

 結局清原は'02年からの4年間で満足な成績を残すことができず、'05年限りで契約を解除された。その際、問題の巨人と洋文氏の契約についてもひと悶着あったんです。

 このときナベツネさんが『清原の親父とは70歳まで契約があるんだろう?(残りの額は)一括して払えないか?』と発言したのを複数の球団関係者が聞いています。ナベツネさんは、清原の父との契約内容について知らされていたんでしょう。清原も、その契約が生きている限りは、自分が巨人を解雇されることはないと思い込んでいた節がある」(前出・球団関係者)

税務上の問題

 清原は当時の清武英利・球団代表から再契約しないことを通告されたとき、

「僕はここ(ビルの10階)から飛び降ります!」

 と言って抵抗したという秘話を、清武氏が著書で明かしている。この時点で、洋文氏は66歳。'09年まで契約が存続していたら、洋文氏はその時点でちょうど70歳となる。渡邉会長の発言は、契約書の内容にぴったり一致する。

 清原の退団後、この契約は破棄されたようだが、それにしても、3ヵ月に一度、「関西アマ野球事情」を報告するだけで70歳まで毎月毎月100万円を手にできるというのは、破格の厚遇だ。

 洋文氏は電器関係の卸業を営む「清原電気商会」の店主で、巨人が獲得対象とするようなアマチュア野球のトップ選手の指導経験や、社会人トップチームの運営にかかわった経験はない。アマ球界に関する専門知識や、特別な人脈があるとは、考えづらい。

 税理士で、コンサルティング・アルファ代表の北田朝雪氏が解説する。

「清原さんの父親がアマ野球などの情報収集を実際にビジネスとしてやっている方ではない場合、契約が巨人と父の間で結ばれていたとしても、国税当局は、それは実質的に清原さんに対する給与を別の形で上乗せしたものであり、実態としては清原さんに対する給与と見なすでしょうね。

 そうなれば、月額100万円、年間で1200万円に相当する税金を、清原さんは支払う義務が生じる。もし申告していないなら、清原さんに加算税や無申告加算税が課せられる可能性があります。また、巨人の姿勢も問われることになる」

 所得税法には、「実質所得者課税の原則」というものがある。

 見かけの契約や金銭の流れがどうであれ、それによって実質的なメリットを受ける者(実質所得者)に課税するという原則だ。

 巨人から洋文氏に支払われた年間1200万円の報酬が、実際には清原への報酬の上乗せで、なおかつそれが申告されていなかった場合、清原はその分の税金を免れてきたことになる。だから問題だと、北田氏は言うのである。

 その場合、巨人も無関係ではいられないと指摘するのは、税理士法人・誠和コンサルティングの尼野正一氏だ。

「父親が何も報酬に値する仕事をしていないで、巨人からカネだけが渡っていた場合、かりに巨人がそのカネを必要経費として処理していたとしても、国税当局はそれを認めないはずです。その場合、巨人は追徴税金をペナルティとして払うことになります。カネを渡した事実は消えないからです」

元国税調査官の指摘

 元国税調査官で、騠木・天野税理士法人の騠木重利氏も同意見だ。

「今回のケースでいいますと、国税が清原や巨人に対して強制調査ができると判断したとしましょう。その結果、悪意に満ちたやり方であるとか、社会的問題が大きいと判明すれば、国税の査察部と東京地検が相談して、立件するかどうかという話になる。

 巨人側の名目になっている情報提供料は、会計上は費用として落とすことができます。けれども、国税当局は、税務上、費用とは認められないという処理をする可能性があるのです」

 こうした声に、当事者たちはどう答えるのか。

 清原は、所属事務所の担当者を通じ、

「こちらからお答えすることはありません」

 とのみ返答した。

 父・洋文氏と巨人の秘密契約の内容についても聞いたが、それについては否定も肯定もなかった。

 大阪・岸和田の清原の実家を訪ねると、洋文氏が応対した。

---清原さんが巨人在籍時代の契約についてですが・・・・・・。

「私は一切取材は受けていません」

---いくつか確認したいことがあるのですが。

「取材はお受けできません、と言っているでしょう」

---洋文さんご自身が、巨人と契約を交わし、3ヵ月ごとに上京してアマ球界事情を報告する見返りに・・・・・・。

「・・・・・・。そんなこと、私は取材を受けない」

---対価として月100万円を受け取っていた。

「だから、一切取材を受けておりませんのでね」

 洋文氏は突然事務所を飛び出すと、憤然とした表情で車に乗り、いずこかへ走り去った。

 数時間後、帰宅した洋文氏に再度質問をぶつけ、質問項目を書いた書面を渡したが、締め切りまでに回答はなかった。

 読売巨人軍広報部の回答は、こうだった。

「ご質問は、選手や元選手のご家族にかかわる、何年も前のことであり、お答えできません。個人のプライバシーを侵害したり、球団の名誉を傷つけたりする記事が掲載されることのないよう、強く求めます」

 読売と巨人が認めた6選手への36億円のほかにも、巨人のウラ金に関連して、これまでにも数々の疑惑報道があった。

 不動産会社を経営する高橋由伸の父親が巨額の負債を抱え、巨人を運営していた「株式会社よみうり」が金融機関から債権を買いとって、実質的に父親の11億円の借金を肩代わりしていた、と'04年に報じられた。

 また、巨人入団確実といわれた阿部慎之助の実家の建築会社は、阿部がまだ中央大在学中の'98年にビルを新築し、5階建てのマンション兼事務所とした。さらに同時期、自宅も新築している。

 また朝日新聞は、二岡智宏の近畿大学野球部時代の恩師である監督に対し、巨人が「業務委託料」として2000万円を退職後に支払うという覚書を密かに交わしていたことを報じている。

 読売新聞=巨人軍は、これらのカネについて自ら明かすことはなく、いずれも報道を受けて対応しているが、もし何のやましいこともない公明正大なカネなら、初めから隠す必要などなかったはずだ。

 それにしても、清原氏の父親が月100万円もらって、どんな報告書を書いたのか、知りたいものだ。

「週刊現代」2012年4月21日号より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スクープ ウラ契約 36億円だけじゃなかった  清原の父親にまで「毎月100万円」払っていた巨人軍 ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる