読売新聞渡辺恒雄VS清武英利 全面戦争…巨人・原監督、暴露に「清武さんの他にだれが」

巨人・原監督、暴露に「清武さんの他にだれが」

 巨人・原監督は20日、21日発売の週刊文春(6月28日号)に「原監督が元暴力団員に1億円払っていた」と見出しが付いた記事が掲載されることについて、記事の背景に清武英利前代表兼GMの存在があることを示唆する文書を発表した。

 「清武さんへ」と題された文書には「巨人軍の選手、OB、関係者を傷つける報道が相次いでいます。たくさんの暴露が行われ(中略)私は監督という立場で心を痛めてきました。こんなことがなぜ続くのか。清武さんのほかに、いったいだれがいるのか」と、暴露記事の情報源が清武氏であると示唆している。

 清武氏は2011年11月に、文部科学省において緊急記者会見を開き、渡辺恒雄巨人球団会長が、決定していたコーチ人事を「鶴の一声」で覆したことをコンプライアンス違反だと告発。清武氏は解任され、互いに名誉棄損等の訴訟を起こし、法廷闘争中だ。

 また、今季開幕前には朝日新聞が巨人の選手に契約金超過の問題があると報道。巨人は報道を否定しつつ、情報源が清武氏と指摘。渡辺会長は「調査した。他に誰がいるのか。民事だけでなく、刑事事件としても検討している」と激怒した。

(デイリースポーツ2012年6月20日)

「清武さんへ」原辰徳監督コメント全文


清武さんへ

 巨人軍の選手、OB、関係者を傷つける報道が相次いでいます。たくさんの暴露が行われ、巨人軍関係者を混乱させ、選手、OBを苦しませています。私は監督という立場で心を痛めてきました。

 こんなことがなぜ続くのか。清武さんのほかに、いったいだれがいるのか。

 今回は、私のことで良かったと思っています。

 巨人軍の低迷期に清武さんと会い、同じ釜の飯を食い、同じ目的に向かって、悔しい時も、うれしい時も本気で涙を流してきました。ファンに愛され、強くある巨人軍をめざし、リーグ3連覇、日本一も成し遂げました。

 巨人軍を育て、守り、築いてきた偉大な先輩方がたくさんいられます。未来へ夢をつなぎ、巨人軍の発展を願っている方もたくさんいられます。清武さんもその一人だと信じます。

 巨人軍の一員だったことを誇りとして、これからを歩んでください。

 まだ間に合います。

               原辰徳

(デイリースポーツ2012年6月20日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック