長谷川幸洋…復興半ばの石巻、そして官邸前抗議行動の現場から考える「政治はだれのものか」。

復興半ばの石巻、そして官邸前抗議行動の現場から考える「政治はだれのものか」。
国民が政治課題の受け手から発信元になる時代へ

現代ビジネス2012年07月21日(土)長谷川幸洋「ニュースの深層」



画像

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し・・・〔PHOTO〕gettyimages

 政治は、だれのものなのだろうか---。

 大げさな問いかけから始めて恐縮だが、私たちはいまや、その問題を正面から考えてみるべき局面に立っている。政局の解説は、このコラムで何度も書いてきた。見通しが当たったことも外れたこともあるだろう。自分でもよく思い出せないほどだ。だが、日本の政治が抱える問題は、小沢一郎がどうしたとか、内閣不信任案をだれが出すかどうかとか、そんな目先の話ではない。もっと根本的な深いところにある。

 7月19日木曜日、私は1年2ヵ月ぶりに東日本大震災の被災地である宮城県石巻市を訪れた。高台の日和山公園から被災地を見渡すと、かつてがれきの山だった住宅地には雑草が生い茂り、ところどころに残る廃墟のほかは一面が緑で覆われていた。昨年5月に内部に入ることができた石巻市民病院は1階が木材で完全に封鎖され、立ち入りできなかった。正面玄関前には壊れた血圧計と椅子が放置されたままになっている。

 地元の人々は、けっして政府の復旧・復興事業に満足してはいない。

「復興作業には矛盾がたくさんある。たとえば昨年11月21日を境にして、それ以前に雇用された人には雇用調整助成金が支給されない。その日に3次補正予算が通って予算がついたので、その前の分はカネがつかないというのです。でも、企業は必死の思いで人を雇ったんでしょう。それがなんで支援されないのか。いち早く被災地によそから本社を移した企業は政府から支援されず、後から来た企業が支援されるという問題もある」(石巻商工会議所幹部)

野田のデタラメと自公の矛盾

 これはほんの一例だ。昨年の大震災と福島原発事故以来、私たちが目撃してきたのは無残な政治の姿だった。

 選挙で国民に約束した公約を平然と破って消費税引き上げに走った野田佳彦首相。一方、衆院解散・総選挙を求めながら、他方で増税の3党合意履行を迫る自民党や公明党。これらをどう整理したらいいのか。

 前者は言うまでもなく論外である。(野田の背信ぶりを確認したい向きは5月25日公開の「消費増税の前に公約違反のけじめをつけろ! 当選前後で主張を180度変えた野田首相の『政治的倒錯』とは」を参照)

 後者についても、約束破りの野田首相が政権を担うのは許せないと考えるなら、あくまで解散・総選挙を求め、選挙でリセットしたうえで、あらためて国民の負託を背に自分たちが望ましいと考える政策を遂行するのが筋道ではないか。

 自公両党は1年をメドに年金や高齢者医療のあり方について、民主党と合意に向けて協議すると確認した。すると、少なくとも1年間は真剣に政策をまとめるための努力をするのが道筋になる。解散してしまえば、合意に向けた協議はいったんご破算だ。合意に向けて協議するなら、解散は当面棚上げせざるを得ない。解散要求と増税政策実現、この2つの道は互いに矛盾する。同時に実行できないのはあきらかなのに、自公両党は素知らぬ顔をして解散と3党合意の履行を民主党に迫っている。

 これでは公約破りの野田首相を責めたところで迫力は出ない。国民は野田のデタラメに呆れているが、野党だって辻つまが合っていない点を見抜いている。石巻の被災者たちにすれば「消費税を上げる算段をする前に、復興の枠組みをしっかり合理的に整えてほしい」という思いであるに違いない。

「政府もマスコミも教師も信用できない」

 与野党がこういう体たらくだから、人々のいらいらが募る。毎週金曜日の首相官邸前の抗議行動は「原発再稼働反対」のスローガンを掲げている。だが人々の気持ちの根底には、もっと根の深い政治不信が横たわっているのではないか。

 福島原発事故に対する政府の対応は、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)情報の扱いが象徴したように、完全に「国民無視」だった。原発再稼働プロセスも迷走を続けた。増税で得た財源は社会保障に使うと言っていたのに、法案が衆院を通過した途端、与野党は「減災、防災」を大義名分に公共事業のばらまきに走っている。

 官邸や国会議事堂前に集まる人々は「原発反対」で声をそろえている。だが、本質的なメッセージは「政治を国民の手に取り戻そう」という点にあるように思える。

 これまで政治課題を設定してきたのはだれだったか。それは、政党や政治家でありマスコミだった。政治記者は政治家や政党に取材して記事を書く。自分があるべき日本の姿を考え、メッセージを発信するわけではない。発信元はあくまで政党であり政治家である。

 政権政党の背後には霞が関がいた。それではダメだと気づいたからこそ、民主党は2009年総選挙で「脱官僚・政治主導」を唱えたはずだ。情報はいつも、霞が関→政党・政治家→マスコミの順で流れていた。国民は受け身である。そうやって流れてきた情報を基に政党や政治家を選んでいた。

 だが、昨年3月11日以来の出来事はそんな「政治の構造」そのものに強い疑念を呼び起こしている。人々は「政府を信用できない」「政治家を信用できない」「官僚を信用できない」「マスコミを信用できない」と思っている。もちろん「電力会社も信用できない」。最近では大津市のいじめ事件をきっかけに「学校も信用できない」と、不信感の波が広がった。

 ようするに、なにもかもが信用できない。そういう不信の連鎖が起きている。前回コラムで紹介した女性の「長いモノには巻かれろではなく、大事なのは個人の1人1人なんです」という発言はそういう空気を背景にしている。

政治の主役は政党・政治家から国民に

 官邸前の抗議行動は、そんな従来の「政治の構造」を問い直す萌芽なのかもしれない。それは、こういうことだ。

 政治課題を設定していたのは政党や政治家だった。だが、これからは個人が課題を設定する。たとえば原発反対なら、その1点で投票行動を決める。

 政党や政治グループは原発だけでなく消費税や環太平洋連携協定(TPP)、普天間問題、対中・対米外交姿勢など多くの政治課題を掲げている。いまや国民はそれらのメッセージを丸ごと受け止めない。もっとも重要と思う課題について、もっとも鮮明なメッセージを掲げる政党・グループ・政治家を支持する。


画像

首相官邸前の抗議行動に集まった人々(6/29)〔PHOTO〕gettyimages

 国民は政治課題の受け手ではなく発信元になる。1人1人が明確な課題を設定して、政策の実行を政党・グループ・議員に迫る。つまり、政治の主役が政党・政治家から国民に交代する。

 会社や家庭から街頭に出てきた抗議行動の参加者たちは、そんなパラダイム転換を政党や政治家に迫っているのではないか。「再稼働反対」のシュプレヒコールを聞きながら、私はそんな思いを強めた。

 しかし、それは本来、当たり前の話なのだ。日本国憲法の前文は「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し(中略)ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」と国民主権を宣言したうえで、次のように書いている。

「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する」

 この後に続く「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」の部分が有名になってしまったが、政治のあり方で言うなら、むしろ前段の「国民主権」のほうをあらためて、かみしめなければならない。

「政治」に目覚めた人々の抗議は原発だけに留まるのか

 政治評論を仕事の一部にしている私自身を含めて、人々はいつの間にか「政治は政治家がするもの」であるかのように思い込んでしまった。主役は国民であり、国会議員は代理人であることを忘れかけていた。毎週末の抗議行動はその原点を私に思い出させてくれた。

 20日金曜日、ときおり雨が降る中、この日も抗議行動は実施された。官邸前と国会議事堂周辺の路上は機動隊のバスと警察車両で埋め尽くされ、「再稼働反対!」と声を上げる人々は、まるでバスの陰に隠れてしまったかのようにも見えた。

 新党日本の田中康夫衆院議員はこの日もトラック2台で乗り付け、シャツからズボンまでびっしょり濡れながら白い風船を配って歩いた。評論家の田原総一朗はニューヨークから帰ったばかりで官邸前に駆けつけた。「現場を見ずには何も語れない」という思いだったに違いない。古賀茂明もいた。日の丸の旗もあった。

 主催者は繰り返しツイッターなどで「原発に関係ないビラは、午後8時以降に配ってください」と呼びかけていた。人々の行動を原発反対の1点に集約したい意図からだろう。それは十分に理解できる。ただ、「政治」に目覚めた人々の抗議は原発だけにとどまるかどうか---私はそこにも注目する。

(文中敬称略)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック