ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ロンドン五輪2012…なでしこ勝利の真相…カナダを“ガス欠”に追い込む

<<   作成日時 : 2012/07/27 14:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★ロンドン五輪2012
なでしこ勝利の真相…カナダを“ガス欠”に追い込む
ZAKZAK2012.07.26



画像

初戦を制したなでしこジャパン。歓喜の輪はここから広がっていく(ロイター)

 行けるぞ、ニッポン!! ロンドン五輪で全競技の先陣を切って、サッカー女子日本代表なでしこジャパンが25日(日本時間26日未明)、1次リーグ初戦のカナダ戦(コベントリー)に2−1で勝利した。大会直前の強化試合でフランスに敗れるなど、コンディションが不安視されたが、試合前、ロッカールームでの宮間あや主将(27)の“涙の檄”が闘争心に火を付けた。前半33分にMF川澄奈穂美(26)が、同じINAC神戸所属のFW大野忍(28)との絶妙のコンビネーションで先制。同44分には宮間が頭で追加点を押し込んだ。女子サッカー史上初のW杯&五輪の連続優勝に向け、上々の滑り出し。日本は28日(日本時間午後8時)、南アを4−1で下した強豪スウェーデン戦に臨む。

 強い、やっぱり強い。なでしこが最初の花を開かせたのは前半33分だ。

 ペナルティーエリア内でパスを受けたFW大野が、しっかりとキープ。相手ディフェンダーをかわすと、走り込んでくるMF川澄を視界にとらえ絶妙のヒールパスを送った。

 「(大野)しのさんにボールが渡ったら前に行こうと。言葉がなくてもわかるんです。いいところでパスをくれた。角度はなかったが思い切り振り抜いた」という右足で放ったシュートは、GKをかすめるようにネットに突き刺さった。

 まさに「あうんの呼吸」ともいうべき先制弾。中心メンバーを替えず、5年目を迎えたなでしこジャパンだからこそ決まったゴールだった。川澄も大野も、同じINAC神戸に所属。息が合わないはずがない。

 カナダにはフィジカルの差で押される場面もあったが、先制点で一気に試合のペースを掌握。守備陣も含めた全体で細かいパスをつなぎ、時に大胆なサイドチェンジも繰り出す。まさに昨年のW杯を制したパスサッカーの真骨頂を発揮し、走り疲れたカナダ代表を“ガス欠”に追い込んだ。

 前半44分、左サイドからDF鮫島彩のパスを今度も大野が受け、再び鮫島へ。ダイレクトでゴール前にクロスを放り込むと、たまらずGKマクロードが飛び出してくる。そこに猛然と走り込んだのは、身長157センチのMF宮間あや。頭で合わせ無人となったゴールにボールを躍らせた。

 後半10分には右サイドを崩され失点したが、これがカナダのこの試合2本目のシュート。高さとパワーで圧倒してきたが、後半40分にはDFチャップマンが負傷退場。すでに3人の交代枠を使い果たし、足が止まったカナダには10人で追いつく力は残っていなかった。

 試合前、初戦への緊張感をもっとも募らせていたのは、ほかならぬ佐々木則夫監督(54)だ。4年前の北京五輪も「メダル奪取」が目標だったが、初戦のニュージーランド戦は前半に2失点。なんとか追いついたものの「初戦には魔物がすんでいる」と、その難しさを痛感させられた。

 だからこそ、指揮官はこの日の勝利を「非常に難しい試合。選手はよく我慢して戦ってくれた」とたたえた。そして、先制点をアシストした大野も「しっかり勝てたことは大きいと思う。自分たちが一番ホッとしている」と、初戦の緊張から解き放たれた表情をみせた。

 「われわれは(W杯で)世界チャンピオンになったが、五輪ではチャンピオンではない。チャレンジャーなんです」という佐々木監督。勝っても決しておごらない、W杯を勝ち続けた去年のマインドは五輪の本番でも生き続けている。

 「パワーやスピードだけなら海外のチームの方がもちろん上。でも、なでしこにはメンバー全員がゴールに向けた同じ絵を描ける。それが私たちの強み」という宮間。2点目のゴールにも「勝てたことは大きいが、修正点も出た。気を引き締めないといけない」と浮かれた様子はみじんもない。

 「全競技の最初に勝ったことでオールジャパンを活気づけたと思う」と胸を張った佐々木監督。初陣の勝利は、日本選手団を、そして閉塞(へいそく)感を打ち破れないままでいる日本中に勇気を与えたはずだ。

 ■日本は世界王者であることを示した

 カナダ・ハードマン監督「タフな試合になることは分かっていた。日本は世界王者であることを示した。でもわれわれも相手を少し困らせることができたと思う」


画像

追加点を決めた宮間。感謝の思いを胸に秘めて、つかんだ1勝だった(山田俊介撮影)


画像

追加点を決めた宮間。高さのある相手にタイミングを合わせて競り勝った(山田俊介撮影)


画像

見事な連係で川澄(右奥)が角度のないところから先制点を決めた(共同)


画像

前半、激しく競り合う川澄(右)=コベントリー競技場(共同)


画像

後半、競り合って倒れる沢=コベントリー競技場(共同)


画像

前半、パスを出す宮間(上)=コベントリー競技場(共同)


画像

ロンドン五輪のサッカー女子が始まり、カナダ戦の前半、先制ゴールを決め喜ぶなでしこジャパンの川澄(右下)と、(左から)大野、沢、宮間=25日、コベントリー競技場(共同)


画像

前半、先制ゴールを決め祝福される川澄(中央右)=コベントリー競技場(共同)


画像

カナダに勝利しサポーターに手を振る(左から)川澄、沢、GK海堀=コベントリー競技場(共同)


画像

カナダに勝利し、笑顔で応援団と握手する岩清水=コベントリー競技場(共同)


画像

カナダに勝利しサポーターの声援に応える日本イレブン=コベントリー競技場(共同)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
★ロンドン五輪2012…なでしこ勝利の真相…カナダを“ガス欠”に追い込む ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる