「熟女との性交時はコンプレックス部分を褒めよ」と女医助言

「熟女との性交時はコンプレックス部分を褒めよ」と女医助言
NEWSポストセブン2012.09.05 15:59


 セックスは男女間のコミュニケーションの究極の形といえる。であるならば、相手となる女性の年齢が上がれば、その交わり方も変わってくる。男性陣は、熟女と交わる時にどんなことを注意すればよいのだろうか? 精神科医の高木希奈先生が解説する。


精神科女医が本気で考えた 心と体を満足させるセックス
徳間書店
高木 希奈

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 精神科女医が本気で考えた 心と体を満足させるセックス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 * * *
 視覚的情報によって興奮することが多い男性に対し、女性は聴覚など五感によって性欲を刺激されます。左右の大脳半球をつなぐ神経繊維の集合体のことを「脳梁」というのですが、女性はここが男性より1.5倍太い。だから女性はセックスの最中でも左右の脳の情報伝達がスムーズに行なわれ、五感をフルに活用して感じることができるのです。

 私がオススメするのは、挿入中の言葉かけです。脳内の聴覚神経のそばには「A10」と呼ばれる神経があり、別名「快感神経」といわれています。ただし、いわゆる熟女と呼ばれる女性たちに声をかけるなら、若い女性にするのと同様にしてはいけません。まず第一に、「子供」とか「家」とか「母」といった現実に引き戻される言葉はNGワード。そのような言葉を避けた上で、とにかく褒めまくるべきです。

 男性には「女性のコンプレックスをあえて攻めることで興奮する」というサド的な嗜好をもった人もいるようですが、熟女が相手の場合はNG。元々、自分の体に自信がなくなり、裸を見せることに抵抗があるので、そんなことをすれば一気に心を閉ざしてしまいます。ホストになったぐらいのつもりで臨むことが重要です。

「真っ白な肌だね」「スタイルがいい」と、彼女がコンプレックスと思っている部分を逆に褒めてあげれば、熟女は自らが「女性」であることを意識し、興奮が高まってきます。

 また、社会的な経験を重ねてきた熟女の場合、ファッションや愛用品など、ステータスや審美眼を褒めてあげることも効果的です。「カワイイ」「綺麗だ」といっておけばいい若い女性より、熟女攻略は難しいもの。この2つの言葉もNGワードに加えて熟女を褒めるトレーニングをすれば、きっとあなたのセックス偏差値も上がるはずです。

※週刊ポスト2012年9月14日号



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック