「太平洋のレアアース泥が日本を救う」(PHP新書)加藤泰浩著(PHP研究所 819円)

「太平洋のレアアース泥が日本を救う」(PHP新書)加藤泰浩著(PHP研究所 819円)
東京新聞2012年9月4日(夕刊)今週の本棚


「太平洋のレアアース泥が日本を救う」(PHP新書)加藤泰浩著(PHP研究所 819円)


画像



太平洋のレアアース泥が日本を救う (PHP新書)
PHP研究所
加藤 泰浩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 太平洋のレアアース泥が日本を救う (PHP新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



太平洋のレアアース泥が日本を救う [ 加藤泰浩 ]
楽天ブックス
PHP新書 加藤泰浩 PHP研究所発行年月:2012年08月 ページ数:253p サイズ:新書 IS


楽天市場 by 太平洋のレアアース泥が日本を救う [ 加藤泰浩 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品情報
・発売日: 2012年08月
・サイズ: 新書
・ページ数: 253p
・ISBNコード: 9784569806419

【内容情報】
ハイテク産業には欠かせないが中国が独占的に所有して問題となっているレアアース(希土類)-その巨大鉱床が太平洋の海底で発見された!二〇一一年七月『ネイチャー・ジオサイエンス』誌で発表された「レアアース泥」は、なぜ「世紀の大発見」「21世紀の黄金」と世界で賞賛されたのか?レアアースの定義説明、産業用途、中国の巧妙な資源戦略、海底鉱床発見の経緯、将来の開発見通し…さらに日本の排他的経済水域に存在するレアアース泥についても情報公開。日本再生の切り札は南鳥島の周りに広がる“夢の泥”だ!-。

【目次】
第1章 レアアースは日本の生命線
第2章 陸上のレアアース鉱床
第3章 レアアースショックー中国の巧妙な資源戦略と日本の対策
第4章 てんやわんやの報道大騒動
第5章 レアアース泥の発見へ
第6章 レアアース泥とは何か?
第7章 南鳥島のレアアース泥
第8章 レアアース泥は開発できるか?

【著者情報】
加藤泰浩(カトウヤスヒロ)
東京大学大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター教授。1961年埼玉県生まれ。85年東京大学理学部地学科卒業。90年同大学大学院理学系研究科博士課程(地質学専攻)修了。理学博士。日本学術振興会特別研究員、山口大学理学部助手、米国ハーバード大学客員研究員、英国ケンブリッジ大学客員研究員、東京大学大学院助教授、准教授を経て、現在に至る。海洋研究開発機構(JAMSTEC)招聘上席研究員も兼担

 「ハイテク産業のビタミン」ことレアアース(希土類)は世界中に分布するが、中国は巧妙な資源戦略で生産を独占し政治のカードにし始めた。そんな中、地学者である著者らが発見した海底鉱床「レアアース泥」は、昨年7月『ネイチャー・ジオサイエンス』誌で発表されるや「世紀の大発見」と絶賛された。
 過去の地球の環境を解読する地道な研究と発見の経緯は? 陸鉱床よりなぜ有望か?
 南鳥島周辺の泥と開発の可能性、日本再生の希望まで熱く語る。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック