ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS 「クリトリスから尿が出ると思っている女性がいる」と専門医

<<   作成日時 : 2012/09/26 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「クリトリスから尿が出ると思っている女性がいる」と専門医
NEWSポストセブン2012.09.25 15:59


 私たち日本の女性は女性器についてどう思っているのか。本誌が20代以上の女性100人にアンケートを取ったところ、自分の女性器に「自信がある」と答えたのはわずか16%。64%の人は「自信がない」と答えた。20%の人は「比べるものがないからわからない」などと回答した。女性器に悩みを持っている女性は35%。悩みはないが、自信はもてない女性が多いことがわかる。

 美容形成外科「タカナシクリニック」院長の高梨真教さん(49才)も、クリニックを訪れる女性たちの性器に対する知識のなさを嘆く。

「女性のなかには、尿道の存在を知らなくてクリトリスの先から尿が出ていると思っている人もいます。そこまでいかなくても、女性器の絵を描いてもらうと、何がどこにあるか知らない人が多いですよ。そういう人のほうが、女性器について“他人と違うんじゃないか”とか、不必要な不安を感じていることが多いですね」

 不安を解消してもなお悩みが消えない。そういう患者には、次のような施術を行う。

「小陰唇が“大きい”と悩んでいる人に対しては、外側の大きい部分を切り取って、中の出血を止めて縫合する手術があります。クリトリスの包皮が余っていると、内部に汚れがたまってしまい、不潔になったり感度が悪くなったりするので、皮を切除する手術をします。緩くなったという人には、膣や尿道を取り巻く括約筋を縮小する手術をします」

 ちなみに手術代金は、タカナシクリニックでは小陰唇の縮小とクリトリス包皮切除は16万円程度、括約筋の縮小は25万円程度という。

 同じく美容整形外科「あきこクリニック」の田中亜希子院長は、英ロンドンで開かれた女性器に展示された女性器について「異常だと感じるものはありません」と語ったうえで、女性が悩むのは「男性側の無理解が大きい」と指摘する。

「女性器の悩みを相談に来られる人の多くは、旦那さんや恋人に指摘されて、というかたです。人との比較もできない箇所なだけに、すごく抱え込んで来られるかたもいて、診察中に泣かれてしまうこともありますね。しかし、ほとんどは実は男性側が思いこんでいるだけで、『性器にはスタンダードな大きさはありませんから、まったく気にする必要はありませんよ』と手術に至らないかたも多いです」

 要は外見が人それぞれであるように、女性器もまた千差万別であることを知ることが大切なのだろう。悩んでいる女性に向けて、中村うさぎさんは言う。

「女性器展のような真面目なプロジェクトが、日本に入ってこられないのは残念ですね。本当はこれをきっかけに、例えば自分の女性器を写真で撮って、ちゃんと見てみるとか、自分で触ってみるようになれば、訳もなく悩むようなことはなくなるはず。理想を言えば、友達同士で普段から“私のアソコって”と女性器について話せるようになること。きっと気持ちが楽になるはずですよ」

※女性セブン2012年10月4日号

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「クリトリスから尿が出ると思っている女性がいる」と専門医 ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる