湯川れい子さんが紹介した「忌野清志郎さんの心の叫び」…地震の後には戦争がやってくる!

湯川れい子さんが紹介した「忌野清志郎さんの心の叫び」

地震の後には戦争がやってくる!

 地震の後には戦争がやってくる。軍隊を持ちたい政治家がTVででかい事を言い始めている。国民をバカにして戦争にかり立てる。自分は安全なところで偉そうにしているだけ。
 阪神大震災から5年。俺は大阪の水浸しになった部屋で目が覚めた。TVをつけると5ヵ所ほどから火の手がのぼっていた。「これはすぐ消えるだろう」と思ってまた眠った。6時間後に目が覚めると神戸の街は火の海と化していた。この国は何をやっているんだ。復興資金は大手ゼネコンに流れ、神戸の土建屋は自己破産を申請する。これが日本だ。私の国だ。
 とっくの昔に死んだ有名だった映画スターの兄ですと言って返り咲いた政治家。弟はドラムを叩くシーンで僕はロックン・ロールじゃありませんと自白している。政治家は反米主義に拍車がかかり、もう後もどりできゃしない。そのうち、リズム&ブルースもロックも禁止されるだろう。
 政治家はみんな防衛庁が大好きらしい。人を助けるとか世界を平和にするとか言って実は軍隊を動かして世界を征服したい。
 俺はまるで共産党員みたいだな。普通にロックをやってきただけなんだけど。そうだよ、売れない音楽をずっとやってきたんだ。何を学ぼうと思ったわけじゃない。好きな音楽をやっているだけだ。それを何かに利用しようなんて思わない。せこい奴らとはちがう。民衆をだまして、民衆を利用していったい何になりたいんだ。予算はどーなっているんだ。予算をどう使うかっていうのはいったい誰が決めているんだ。10万円のために人を殺す奴もいれば、10兆円とか100兆円とかを動かしている奴もいるんだ。一体この国は何なんだ。俺が生まれて育ったこの国のことだ。君が生まれて育ったこの国のことだよ。
 どーだろう、・・・・この国の憲法第9条はまるでジョン・レノンの考え方みたいじゃないか?戦争を放棄して世界の平和のためにがんばるって言っているんだぜ。俺たちはジョン・レノンみたいじゃないか。戦争はやめよう。平和に生きよう。そしてみんな平等に暮らそう。きっと幸せになれるよ。

(読み易いように転記いたしました。)




江は流れず—小説日清戦争 (中巻) (中公文庫)
中央公論新社
陳 舜臣

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 江は流れず—小説日清戦争 (中巻) (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日清・日露戦争—シリーズ日本近現代史〈3〉 (岩波新書)
岩波書店
原田 敬一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日清・日露戦争—シリーズ日本近現代史〈3〉 (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック