ほしのあき 第4コーナー回った三浦皇成との離婚!?</

ほしのあき 第4コーナー回った三浦皇成との離婚!?
【芸能】
日刊ゲンダイ2012年12月27日 掲載


子供預けてクラブ通い


画像


 発売中の女性誌が、ほしのあき(35)の夫で人気ジョッキーの三浦皇成(23)が若い女性とキスをしたり抱き合う姿をスクープして話題になっている。

 もっとも、関係者の間で皇成の“チャラ男”ぶりは有名で、ほしのと結婚後、子供ができても妻子そっちのけで遊び歩いていたという。

 若くてカネ回りもいいから、寄ってくるオンナは後を絶たない。が、あまりに不遜な態度に、白い目を向ける人も多いという。

「馬主や調教師のような自分に利益がある人にはすごく腰が低かったり、テレビカメラが回っているときはいい顔をするけど、それ以外のときは人を見てコロッと態度が変わる。“武豊2世”といわれていたが、凄かったのはデビューの年だけ。技量も判断力も成長していないのに、テングだから余計に評判が良くないのです。有馬記念でエイシンフラッシュに乗り替わったときも、『何でおまえなんだ』と周りの非難がすごかった」(競馬関係者)

 そんな皇成のオンナ癖の悪さに、「ペニオク詐欺」で芸能界追放の危機にさらされているほしのはさぞかし傷心……かと思ったら、そもそもほしのは茨城県内の新居ではなく、都内の実家で暮らす別居状態。「いつ離婚してもおかしくない状態です」と言うのは、ほしのに近い芸能関係者だ。こう続ける。

「ほしのもほしので、育児は実家の親に任せて、夜な夜な友人のアイドルたちとのクラブ通いが目撃されている。35歳という“高齢”だっただけに『子供を産めなくなる前に産んでおきたい』という願望が強かったが、目的は達成。夫の女性関係については“年上女房”だけに割り切っていた。しかし、ここまであからさまになるとタレントイメージにも傷がつく。もともと皇成の母親とは折り合いが悪かったし、お互いに未練もない。離婚はトントン拍子に進んでいくのでは」

 そういえば、ダルビッシュから計4億円以上の養育費をむしり取った紗栄子はママ友だ。来年は別々の道を歩むことになるのか……。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック