ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS 「知の怪物」の読書のすべてがわかる!…『読書の技法』佐藤優著(東洋経済新報社 1575円)

<<   作成日時 : 2012/12/05 14:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「知の怪物」の読書のすべてがわかる!
『読書の技法』佐藤優著(東洋経済新報社 1575円)

週刊文春2012.12.05 07:00


【データ】発売後わずか17日で10万部突破。
【惹句】「佐藤流『本の読み方』初公開!」「難解な本をどう読みこなすか? 大量の本をどう速読するか?」


「読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門」佐藤優著(東洋経済新報社 1,575円)


画像

月平均300冊、多い月は500冊以上。佐藤流本の読み方を初公開!1冊5分の超速読と30分の普通の速読の仕方、哲学書や小説・漫画の実践的読み方、記憶に残る読書ノートの作り方まで完全網羅!


読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門
東洋経済新報社
佐藤 優

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



読書の技法 [ 佐藤優 ]
楽天ブックス
誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門 佐藤優 東洋経済新報社発行年月:2012年08月


楽天市場 by 読書の技法 [ 佐藤優 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品情報
・発売日: 2012年08月
・サイズ: 単行本
・ページ数: 279p
・ISBNコード: 9784492044698

【目次】
第1部 本はどう読むか
多読の技法ー筆者はいかにして大量の本を読みこなすようになったか
熟読の技法ー基本書をどう読みこなすか
速読の技法ー「超速読」と「普通の速読」
読書ノートの作り方ー記憶を定着させる抜き書きとコメント
第2部 何を読めばいいか
教科書と学習参考書を使いこなすー知識の欠損部分をどう見つけ、補うか
小説や漫画の読み方
第3部 本はいつ、どこで読むか
時間を圧縮する技法ー時間帯と場所を使い分ける

【著者情報】
佐藤優(サトウマサル)
作家、元外務省主任分析官。1960年、東京都生まれ。1985年に同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、本省国際情報局分析第一課において、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕され、2005年に執行猶予付き有罪判決を受ける。2009年に最高裁で有罪が確定し、外務省を失職。2005年に発表した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞

 月平均300冊、多いときには500冊以上の本を読むという作家・佐藤優さんの著書『読書の技法』が12万部の大ヒットとなっている。『国家の罠』『交渉術』など様々な本を出している佐藤氏だが、意外にも「読書術」について書いたのは今回が初めてだ。

「昔から読書術についての本が好きで、100冊以上読んでいるんです。しかし、実際に役立ったのは加藤周一の『読書術』など3冊ぐらい。あまりいいのがないので、それなら自分で作ってしまえ、と(笑)。担当編集者は『絶対ヒットする』と自信満々でしたが、私自身はいろいろ冒険し過ぎたかなと不安だったんです」

 第一部の内容は「基本書は最低三回は熟読」「速読には一冊を五分で読む超速読と三十分で読む普通の速読がある」「ノートは一冊主義」と佐藤流読書術が惜しげもなく披露されており、とにかく“実践的”だ。

「それは私がもともと行政官だったからでしょう。行政官というのは具体的に役立つことにしか興味を示しませんから(笑)。特に注意したのは、平均的な努力をすれば必ず実践できる内容であること。楽をして得られる知識というのはないですから」

 主な読者層は30〜40代のビジネスパーソン。読書術としてだけでなく「サラリーマンのやり直し勉強法」として受け入れられている面もあるという。担当編集者の中里有吾氏が語る。

「第二部『何を読めばいいか』の主張は『自分の知識の欠損部分は教科書や学習参考書を使いこなして補え』です。佐藤さんが取り上げた本や参考書と一緒に並べている書店もあり、売り上げ好調だそうです」

 デザインも一工夫した。

「読みやすいようにデザイナーに頼んで、細かい見出しやレイアウトにもこだわりました」(佐藤氏)

 さらに第三部「本はいつ、どこで読むか」では睡眠時間3時間という佐藤氏の超人的な生活スケジュールも紹介されている。口絵写真では仕事場や書斎も披露。

「この口絵ページだけでも面白く、買いたくなるという声も多いです」(中里氏)

 まさに「知の怪物」佐藤優の「読書のすべて」がわかる1冊なのである。

文「週刊文春」編集部






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「知の怪物」の読書のすべてがわかる!…『読書の技法』佐藤優著(東洋経済新報社 1575円) ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる