「器が小さすぎる」と批判されたヤンキー先生

「器が小さすぎる」と批判されたヤンキー先生
東スポWeb2013年01月21日 11時00分



画像


 ヤンキー先生こと義家弘介文科政務官(41)が14日に神奈川県・厚木市で行われた成人式での“粗相”に対し、主催の同市教育委員会に抗議した問題で、「器が小さすぎる」と批判が出ている。

 義家氏はフェイスブック上で、自分より先に民主党議員が紹介されたことについて「一瞬耳を疑った」「民主主義を否定する話ではないだろうか」と力説していた。

 怒り心頭の義家氏の抗議に対して、同市教育委員会は「二度とこのようなミスがないよう対応します」と非を認めた。これらの経緯はすべてフェイスブックに義家氏が公開し、「その通り」「器が小さい」と議論になっていた。本来ならネット上の話題で済むはずが、16日に共同通信が各メディアに配信し拡大。義家氏は話題になった記述を削除した。

 義家氏は選挙区の成人式に複数参加したが、順番を後回しにされたのは厚木市だけのようだ。神奈川県の政界関係者は「民主党議員というのは後藤祐一氏(43)です。昨年の選挙で県内でこの選挙区だけが唯一、結果が読めませんでした。追い風の吹いた自民党が優勢だったのですが、厚木育ちの後藤氏が落下傘の義家氏を苦しめました」と指摘。なんとか義家氏が当選したものの、後藤氏は比例復活した。

 本来なら落下傘とはいえ知名度のある義家氏が圧勝してもいいはず。

「後藤氏は厚木高校から東大に進み、経産省官僚になったエリートです。地元が生んだという意識もあり、先に紹介されたのではないか」(前出の関係者)
 一方で「教育問題に力を入れている義家氏からすれば、日教組や自治労の嫌がらせと思えたのでしょう」(永田町関係者)と器の大小の話ではないとする意見もある。果たして新成人はどう思ったのだろうか。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック