酒井法子 所属事務所社長が語った「完全復活」 (日刊ゲンダイ2013年4月8日)

酒井法子 所属事務所社長が語った「完全復活」
【芸能】
日刊ゲンダイ2013年4月8日 掲載


「ドラマやバラエティーが決まっています」


画像


<ロックバンドのCMで「マンモスうれピー」>

「このアルバムにあえて、マンモスうれピー」

 酒井法子(42)が「のりピー語」でロックバンド「バロック」の新アルバムのCMに出演して話題だ。6日からCS放送の音楽番組で流され、今後は地上波でも放映する予定だという。

 ついに、地上波のテレビCMという“シャバ”への復帰を果たしたのりピー。昨年11月に薬物事件の執行猶予期間が明けて以降、舞台やイベントの出演こそあったものの、ドラマやCMはスポンサーとの関係を理由に実現せずにいた。なぜ今回、CM出演がかなったのか。ある関係者がこう言う。

「バロックの所属事務所の社長は、酒井が薬物使用で捕まった09年、ブログで『違法薬物の使用ってそんなに悪いことなの?』とつづっていた。『被害者なんていないのに、今まで生きてきた世界の全てを奪われ、否定され、収入源を断たれ、帰ってくることも許されない。社会は完全にのりピーの抹殺に動いている』『「優しさのかけらもないヤツらはMDMAか大麻でもやって優しくなることを覚えろ」とは言わないけど、自分か自分の大事な人がなんらかの被疑者になったことを考えろよな』と酒井を擁護していました。その社長のオファーだったから出演が決まったといわれています」

 酒井の所属事務所社長を直撃すると、「それ(ブログ)は知りませんでした。今回はワーナー(ミュージック・ジャパン)さんからお話をいただいたので」と否定するも、今後の仕事について聞くと、明るい答えが返ってきた。

「夏ごろに日本のドラマに出演する予定です。まだ台本が完成していないので(撮影は)始まっていませんが、出来次第、という感じですね。あとはバラエティー番組もゲストとして(オファーを)いくつかいただいているので、順々に出る予定です。テレビ復帰に時間がかかった? そんなことありません。これまでもいろいろお話はいただいていましたからね」

 お茶の間解禁、マンモスうれピー。 .

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック