【メディアの不祥事研究】 朝日新聞社員が「わいせつ画像」流出で摘発されていた!

朝日新聞社員が「わいせつ画像」流出で摘発されていた!
週刊文春2013.05.29 18:01


http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2734


画像

朝日新聞の木村伊量社長 Photo:Kyodo

 警視庁が40代前半の朝日新聞社員を「わいせつ電磁的記録媒体陳列容疑」で書類送検していたことが週刊文春の取材でわかった。この社員は名古屋製作センターに勤務する男性で、勤務中に自分自身の局部写真をネット上にアップしていたのだ。

 閲覧者からの通報で、警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課などが捜査を開始。4月10日に朝日新聞東京本社に任意で捜査に入る一方、社員の勤務先である名古屋製作センターも家宅捜索した。5月10日に社員本人に事情を聞き、容疑を認めたために書類送検した。

 だが、社員は書類送検後も同じ部署で通常の勤務を続けており、5月28日現在、朝日新聞と警視庁はこの事実を発表していない。

文「週刊文春」編集部

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック