【矢口真里騒動記】 自宅不倫で離婚! 矢口の“巧妙な肉食テク”

自宅不倫で離婚!矢口の“巧妙な肉食テク”
東スポWeb2013年5月31日 東京スポーツ新聞社



画像


 自宅不倫騒動で離婚した矢口真里(30)の“余罪”が次々と明らかになった。28日発売の女性誌「週刊女性」は、自宅に連れ込んだモデル以外の元カレ俳優にも矢口が誘惑メールを送っていたと報じているが、本紙の取材で元カレが、川久保拓司(31)であることが判明。同時に矢口の合コン人脈、元夫の俳優中村昌也(27)の不在時をピンポイントで狙った夜遊びスケジュールも明らかになった。新疑惑の中で浮上した巧妙な「矢口の手口」とは――。

「やっぱり出てきましたね…」。そうこぼすのは芸能プロ関係者だ。

 2月下旬、夫のいぬ間にモデルの梅田賢三(25)を自宅に連れ込んだ矢口。円満夫婦のイメージは崩壊し案の定、次から次へと知られざる“超肉食エピソード”が噴出する事態になっている。

 昨年末にも矢口は元カレに「今日はダンナがいないからウチに遊びにこない?」と誘惑メールを送っていたと、「週女」は報じた。記事では匿名だが、その送信先は元カレの俳優・川久保。事情を知る人物によれば「さすがに川久保さんもちゅうちょしたようです。既婚者の彼女と接触するのは危険すぎると判断して無視したそうです」とのこと。

 こうしたことからも分かる通り、矢口が“肉食女子”の正体を現すのは夫の不在時のみだ。矢口に近い関係者の証言。

「矢口さんは器用なタイプで、普段はブログに書かれている通り、中村さんと一緒にいることが多い。でもそれは表の顔。さりげなく彼の仕事のスケジュールを聞き出し、地方ロケなどで彼が自宅に戻らない日をインプットする。そうして、その日に向かって動き出すんです」

 夫がいる時はネコをかぶり、いなくなった瞬間に、一気にスパーク。中村は昨年末から今年1月末まで、吉本興業創業100周年記念舞台「爆発!MANZAIが止まらない」に出演するため、大阪に滞在することが多かった。このチャンスを矢口が逃すはずがない。

「元カレの川久保さんに誘惑メールを送ったのもだいたいその頃。渦中の梅田さんと知り合ったのもその辺りで、梅田さんとは、それまで何回もお忍びで会っていたそうです。行きつけのバーで梅田さんが『これが今のカノジョ!』と矢口さんを紹介することもあったとか。ちなみに梅田さんの経験人数は3桁はくだらないそうです」(同)

 もともと交友関係の広い矢口だが、“出会いの場”にひと役買っていたのが益若つばさ(27)、小森純(27)といったモデル人脈だという。ファッション業界関係者が明かす。

「矢口さんがMCを務めるネット番組『女子力cafe』の存在が大きいですね。この番組に関わる人はテレビ業界よりも、モデル・ファッション業界に顔が利く人が多い。益若さんや小森さんも番組に出演経験があり、矢口さんとの親交もそこで深まった。“夜遊びグループ”を形成し“イケメンあさり”に興じていた時期もあったそうです」

 梅田のような無名モデルと知り合ったのもこうした人脈によるもの。一連の騒動のリーク犯として小森の名前が浮上(本紙既報)したのも、これで納得がいく。

 矢口の“本性”を表すエピソードは、まだまだ出てきそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック