大容量バッテリーのアシスト自転車=ヤマハ発 (時事通信2013/06/18-18:01)

大容量バッテリーのアシスト自転車=ヤマハ発


画像


 ヤマハ発動機はリチウムイオンバッテリーの容量を拡大した電動アシスト自転車を7月30日に2機種、8月20日に1機種、それぞれ発売。容量は従来の最大8.9アンペアから12.8アンペアに拡大。1回の充電で走行できる距離は、電動アシストの力が最も強い走行モードで46~47キロ(従来31~32キロ)に伸びた。また、新開発の急速充電器を採用。通常の充電器で約6時間半かかる充電時間を約3時間半に短縮できる。価格は12万5000円~13万9800円。

(時事通信2013/06/18-18:01)


大容量12.8Ahリチウムイオンバッテリーと充電時間を大幅に短縮する急速充電器を新採用 電動アシスト自転車 PAS 3モデル発売
ヤマハ発動機2013年6月18日発表


 ヤマハ発動機株式会社は、大容量12.8Ahリチウムイオンバッテリーと急速充電器を新たに採用した電動アシスト自転車PAS 3機種を2013年7月30日より順次発売します。
 販売台数は15,000台(日本国内・年間・3機種の合計)を計画しています。

《モデルの主な特長》
1)PASシリーズ初の大容量12.8Ahリチウムイオンバッテリーを採用し長距離走行が可能
2)新開発の急速充電器を採用し、大容量12.8Ahリチウムイオンバッテリーの充電が約3.5時間と大幅に短縮※1
3)トリプルセンサーシステム搭載でパワフルさはそのままに、より滑らかで快適なアシスト走行を実現
4)残りアシスト走行可能距離が表示できる3ファンクションメーターを採用


 なお、3機種ともに、ギアポジションに合わせてきめ細かな制御を実現するS.P.E.C.(スペック)や安心・充実の長期製品保証など、従来から好評の特長はそのまま継承しています。

※1 12.8Ahバッテリーの充電は通常の充電器で約6.5時間かかりますが、今回採用の急速充電器では約3.5時間で行えます(ヤマハ調べ)


画像

PAS ナチュラ XL


画像

PAS CITY-S8

PAS ナチュラ XL :長距離走行可能でお求め安い価格を実現した新モデル(26型)
PAS ナチュラ XL スーパー :アシストレベルが最上位※2で長距離走行可能なモデル(26型/24型)
PAS CITY-S8(パス シティ エスエイト):内装8段変速搭載の長距離通勤・通学に最適なモデル(27型)

※2 PAS ナチュラシリーズにおいて

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック