『会津名君の系譜 悲運をバネに世界を唸らせた「無私」のリーダー像』原口泉著(ウェッジ 1470円)

『会津名君の系譜 悲運をバネに世界を唸らせた「無私」のリーダー像』原口泉著(ウェッジ 1470円)


画像






会津名君の系譜 [ 原口泉 ]
楽天ブックス
悲運をバネに世界を唸らせた「無私」のリーダー像 原口泉 ウェッジ発行年月:2013年08月 ページ数


楽天市場 by 会津名君の系譜 [ 原口泉 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2013年08月
・著者/編集:原口泉
・出版社:ウェッジ
・サイズ:単行本
・ページ数:239p
・ISBNコード:9784863101142

【内容情報】
藩祖・保科正之から受け継がれた、優れた精神性、誇り高い心、無私の魂とは?今こそ見直すべき保科正之、松平容保、柴五郎、松江豊寿、井深八重、井深大の生き方。

【目次】
序章 薩摩人の私がなぜ会津を見直すか
第1章 三万石の小藩から会津藩祖へ引き抜かれた将軍ご落胤 保科正之
第2章 藩祖以来の忠義を貫き火中の栗を拾った最後の藩主 松平容保
第3章 世界から尊敬された北清事変の英雄 柴五郎
第4章 ドイツ人俘虜に「第九」の日本初演をさせた収容所長 松江豊寿
第5章 家老の家系で看護界に献身した「もう一人の八重」 井深八重
第6章 白虎隊に縁者が二人、祖父が朱雀隊にいたソニー創業者 井深大

【著者情報】
原口泉(ハラグチイズミ)
志學館大学人間関係学部教授、鹿児島大学名誉教授、鹿児島県立図書館館長。1947年生まれ。東京大学文学部国史学科卒、同大大学院博士課程単位取得退学。専門は日本近世・近代史。特に、東アジア諸地域とのつながりの中で、薩摩藩の歴史研究に取り組む。日本各地から東南アジア、欧米で講演。NHK大河ドラマの時代考証を担当

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック