「はじめてのマルクス」鎌倉孝夫、佐藤優著(金曜日 1,365円)

「はじめてのマルクス」鎌倉孝夫、佐藤優著(金曜日 1,365円)


画像


“成果至上主義に疲れ切っている社会人、仕事にやりがいを見つけられない公務員、将来が不安でたまらない学生が急激に増えている。
そのような悩みを抱えているならば、是非この本を読んでほしい。
なぜこういう状態になっているかを、この対談でわかりやすく解き明かしているからだ。"
佐藤 優

出版社からのコメント

カネで命が奪われる!
現代社会における資本主義の矛盾を『資本論』で解き明かす、師弟対談。


はじめてのマルクス
金曜日
鎌倉 孝夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by はじめてのマルクス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



はじめてのマルクス [ 鎌倉孝夫 ]
楽天ブックス
鎌倉孝夫 佐藤優 金曜日発行年月:2013年11月 ページ数:183p サイズ:単行本 ISBN:9


楽天市場 by はじめてのマルクス [ 鎌倉孝夫 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2013年11月
・著者/編集:鎌倉孝夫、佐藤優
・出版社:金曜日
・サイズ:単行本
・ページ数:183p
・ISBNコード:9784906605927

【内容情報】
成果至上主義に疲れ切っている社会人、仕事にやりがいを見つけられない公務員、将来が不安でたまらない学生が急激に増えている。なぜこういう状態になっているかを、わかりやすく解き明かす。師弟対談が読み解く『資本論』。

【目次】
第1章 資本主義は命を奪う
第2章 まやかしの金融工学
第3章 価値は労働から生まれる
第4章 新自由主義者は頭が悪い
第5章 ソ連はなぜ崩壊したのか
第6章 マルクス経済学の重要性
第7章 『資本論』をどう読むか

【著者情報】
鎌倉孝夫(カマクラタカオ)
1934年生まれ、経済学博士・埼玉大学及び東日本国際大学名誉教授。埼玉大学文理学部を卒業後、東京大学大学院経済学研究科博士課程を修了。埼玉大学助手、講師、助教授、教授を歴任。2000~2006年、東日本国際大学学長を務める

佐藤優(サトウマサル)
1960年生まれ。作家、元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館や本省国際情報局分析第一課などに勤務。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕・起訴され、09年、執行猶予付き有罪判決が確定した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック