江本孟紀氏評 星野仙一氏は大型補強をしたシーズンだけ優勝

江本孟紀氏評 星野仙一氏は大型補強をしたシーズンだけ優勝
NEWSポストセブン2013.12.21 16:00

http://www.news-postseven.com/archives/20131221_232932.html

 野球評論家の江本孟紀氏といえば、現役時代に「ベンチがアホやから野球がでけへん」と言ったことでも知られているが、彼がいう「アホ」は単なる罵倒ではない。親しみと温かさをこめて使う言葉であり、「変われば良くなる」という期待が込められている。その江本氏が、2013年版の愛すべき日本球界の「アホ」なこととして楽天球団について語ってもらった。

 * * *
 なんといっても今年は楽天の年でした。でも、ひょっとしたら球団は、今年優勝するとは思ってなかったんじゃないですかね。

 楽天はNPBから、「球場にもっと観客を入れられるようにしろ」と勧告を受けていた。(※2004年の球界参入時から、窮状の集客人数を2万8000人にするよう、日本シリーズを主催するNPBから要望を受けていた)しかしそれをずっとほったらかしにしていて、日本シリーズをやる段になって、急ごしらえで仮設スタンドを作った。工事現場の足場みたいなヤツです。お客さん、相当怖かったと思いますよ。

 もっとひどいのはチケットの価格。そんなガタガタの席が3500円で、立ち見でも2500円。東京ドームよりも高い、アホみたいな値段ですよ。

 商魂逞しいのは結構ですが、それがすぐに裏目に出ましたね。田中のポスティング問題。100億円入るともいわれ、田中を高~く売ろうと「夢の実現!」なんて煽っていたら、MLBに足元を見られて20億円に値切られた。まァ、これは楽天だけの責任じゃないが、もし田中残留になれば球団は悲惨ですよ。

 三木谷浩史オーナーは「残留なら8億払う」なんていっちゃったし、何より田中は典型的な「隔年投手」(※活躍する年と不調の年が交互に訪れ、その差が激しい投手のこと)なんです。来年は“活躍できないターン”なんですね。

 しかも星野仙一監督は、大型補強をしたシーズンにしか優勝できない。“名監督”といわれる割には、監督を16年間もやっていて、4回しか優勝していないなんてギネスものです。まァ、別の才能はあるんだろうとは思いますが(笑い)、少なくとも勝つ才能はない。

 勝っているのは中日でも阪神でも大補強した年だけです。今年もマギー、ジョーンズという新助っ人のおかげで勝てた。田中だって24勝のうち完投は8で、完封はたったの2。味方の援護で勝ったようなものです。外国人2人の力がいかに大きかったかがわかります。

※週刊ポスト2014年1月1・10日号

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック