【デジ@フジ知恵袋】 タブレットにもなるパソコン選び、どんな製品があるの?

タブレットにもなるパソコン選び、どんな製品があるの?
ZAKZAK2013.12.26
連載:デジ@フジ知恵袋

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20131226/ecn1312260725004-n1.htm

 Q:この年末年始にパソコンかタブレットを買う予定ですが、どちらがいいか選べないので、間を取ってタブレットとしても使えるパソコンにしようと考えています。どんな製品があるのでしょうか?

 A:タブレットとノートパソコンの2つのスタイルで使えるパソコンは「2in1」と呼ばれています。まさに一石二鳥のデジタル機器ですが、現在はどんな製品が発売されているのでしょうか。インテルのクラウド・コンピューティング事業部、小澤剛さんに教えてもらいました。

 小澤さんによると、同じ2in1でもいくつかのタイプに分かれるようです。まずはタブレットのようにも使える「脱着型」。ソニーの「VAIO TAP11」(直販サイト価格は11.6インチが9万4800円~)=写真(1)=や東芝「dynabookV714」(同、11.6インチが15万9800円~)=同(2)=のようなタイプです。

(1)ソニー「VAIO TAP11」(直販サイト価格は11.6インチが9万4800円~)


画像



ソニー SVT11218DJB VAIO Tap 11
ソニー(SONY)
2013-11-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソニー SVT11218DJB VAIO Tap 11 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



(2)東芝「dynabookV714」(11.6インチが15万9800円~)


画像



東芝 dynabook V714/27K
'-
2013-12-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東芝 dynabook V714/27K の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 「キーボード部分から画面を取り外して、単体でタブレットのように使えるタイプです。タブレットを使いたいけれど、キーボードも必要という人向きです」(小澤さん)

 このタイプの利点は、キーボードと離せば軽いタブレットとして使える点です。

 次は、画面が背面にくるりと回り込む「画面回転型」。パナソニックの「Let’note AX3」(11.6インチの実勢価格19万8800円~)=同(3)=のような機種です。

(3)パナソニック「Let’note AX3」(11.6インチの実勢価格19万8800円~)


画像



パナソニック Let's note AX3シリーズ(Office Home and Business 2013搭載) CF-AX3YEGJR
パナソニック(Panasonic)
2013-10-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パナソニック Let's note AX3シリーズ(Office Home and Business 2013搭載) CF-AX3YEGJR の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 「画面を外すことはできませんが、画面を回転してキーボード側に折りたたむとタブレットのようになります。普通のノートパソコン、画面を回転して机の上に立てて画面を閲覧する“テントモード”、画面を回転してキーボード側に折りたたむ“タブレット”の3形状で使えます」

 このタイプの利点は、変形が分かりやすく、ヒンジ(ちょうつがい部分)もシンプルな構造なので、使用時や持ち運ぶ時の耐久性も高いこと。ビジネス用途に向いています。ガラケーと呼ばれる従来の携帯電話と変形の方法が似ているので、なじみやすいタイプでしょう。

 3番目は「マルチフリップ」と呼ばれる自由な画面変形ができるタイプ。この場合のフリップとは“ひっくり返す”という意味です。ソニーの「VAIO Fit A」(直販サイト価格は13.3インチが11万9800円~)=同(4)=が、その代表です。

(4)ソニー「VAIO Fit A」(直販サイト価格は13.3インチが11万9800円~)


画像



ソニー SVF13N19DJS VAIO Fit 13A
ソニー(SONY)
2013-11-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソニー SVF13N19DJS VAIO Fit 13A の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 「これは画面の裏側の天板が真ん中の位置で折れ曲がる構造です。使いやすいように画面角度を移動できる“キーボードモード”、回転させて向かい側に画面を見せる“ビューモード”、そのままキーボード側に画面を倒すと“タブレットモード”です。角度変形が自由で、2in1の変形では完成度が一番高く、アクロバティックな動きをします」

 このタイプの利点は、ずばり「自由な動き」です。かなり自由な変形ができ、横から見たときに「Z」字型に変形させても形を静止できます。触るだけでも面白いので、量販店で見かけたら試してみてください。

 「Fit Aは、画面サイズが13、14、15インチの3種類がありますが、15インチ(同7万9800円~)が一番人気です。従来の家庭用パソコンの置き換えとして買われているようですね」

 リビングなどで、その時々のシチュエーションに合わせて変形させ、家族みんなで使っている光景が目に浮かびます。

 このように、「タブレットのように使えるノートパソコン」といってもタイプが分かれますので、自分や家族の使い途を考えて選んでください。 (松本佳代子)







ソニー Xperia Tablet Z WiFi SGP312メモリ32GB ブラック
ソニー(SONY)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソニー Xperia Tablet Z WiFi SGP312メモリ32GB ブラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック