「妻の化粧品はなぜ効果がないのか 細胞アンチエイジングと再生医療」北條元治著(KADOKAWA)

「妻の化粧品はなぜ効果がないのか 細胞アンチエイジングと再生医療」(角川SSC新書)北條元治著(KADOKAWA 798円)


画像


再生医療・培養皮膚の専門医師が教える、本当に細胞にいい老化防止法。化粧品、サプリ、運動など常識だと思い込んでいた健康法・美容法に、なぜ効果がないのか、そしてどうすれば老化を止められるのか、よくわかる。





妻の化粧品はなぜ効果がないのか [ 北條元治 ]
楽天ブックス
細胞アンチエイジングと再生医療 角川SSC新書 北條元治 KADOKAWA発行年月:2013年11月


楽天市場 by 妻の化粧品はなぜ効果がないのか [ 北條元治 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2013年11月09日
・著者/編集:北條元治
・出版社:KADOKAWA
・サイズ:新書
・ページ数:175p
・ISBNコード:9784047316270

【内容情報】
細胞には大きく分けて、「生まれ変わる細胞」と「生まれ変われない細胞」がある。「毎月、生まれ変わる細胞」の代表が皮膚。では、「皮膚にシミやシワができるのはなぜか」、「それを予防するにはどうすればいいのか」、そして「女性たちが熱心に取り組んでいるスキンケア化粧品は効果があるのか」など、女性はもちろん男性も知りたい見た目の老化防止法を紹介。著者がすすめる肌の老化防止法は、保湿と紫外線対策だけ。ほかの方法は、細胞にはほとんど効果がないと述べる。中身と見た目の老化の治し方・防ぎ方を再生医療の専門家としてやさしく解説する。

【目次】
第1章 見た目の老化を止める
第2章 間違いだらけ!世の中の老化防止法
第3章 iPS細胞と再生医療で、老化をどこまで防げるか
第4章 細胞の「酸化」「糖化」を抑えれば老化は止められる
第5章 細胞はなぜ老化するのか?

【著者情報】
北條元治(ホウジョウモトハル)
1964年、長野県生まれ。医学博士、医師、東海大学医学部非常勤講師、株式会社セルバンク代表取締役、RDクリニック顧問。弘前大学医学部卒業後、麻酔科と一般外科を修め、渡米。ペンシルバニア大学形成外科でshort term scholar(1994-1995)。帰国後、東海大学形成外科にて重度のやけど治療を行いながら、培養皮膚の基礎研究に携わる。2004年、培養皮膚の研究開発を行う株式会社セルバンク設立。2005年、培養皮膚を肌のアンチエイジング(老化防止)に応用する専門の医療機関・RDクリニックが開設されるに際し、培養皮膚のノウハウ・特許などを供与


妻の化粧品はなぜ効果がないのか 細胞アンチエイジングと再生医療 (角川SSC新書)
KADOKAWA / 角川マガジンズ
2014-02-06
北條 元治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 妻の化粧品はなぜ効果がないのか 細胞アンチエイジングと再生医療 (角川SSC新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



妻の化粧品はなぜ効果がないのか 細胞アンチエイジングと再生医療-【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
世の中にアンチエイジング情報があふれていますが、この本には「勇気を持って伝えるべき真実」として、いく


楽天市場 by 妻の化粧品はなぜ効果がないのか 細胞アンチエイジングと再生医療-【電子書籍】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック