プロ40人が選ぶ いつかは泊まりたいホテル (週刊 東洋経済 2014年 3/22号)

プロ40人が選ぶ いつかは泊まりたいホテル
(更新 dot.asahi.com2014/3/17 17:40)

http://dot.asahi.com/news/domestic/2014031700044.html


画像

ザ・ペニンシュラ東京
日比谷公園が見下ろせる2フロアぶち抜きのプール。1棟所有のホテルならではのぜいたくな造り



画像


 人々があこがれるホテルには共通点がある。作り込みとこだわり、総支配人を筆頭とした従業員の行き届いた気配りだ。それは、日系・外資を問わない。

 今回のプロ40人アンケートでは、国内で普段は利用することが難しいが、「いつかは泊まりたいホテル」を推薦してもらった。

 最も票を集めたのは、京都・鴨川河畔に2月7日に開業したばかりのザ・リッツ・カールトン京都。リッツといえば、心のこもったもてなしと快適さを提供することを使命とし、紳士・淑女である顧客にサービスする従業員もまた紳士・淑女であるべき、としている「クレド」の文言でおなじみだ。1997年に初進出したザ・リッツ・カールトン大阪が日本での元祖だが、その中世ヨーロッパの宮殿を思わせる内装とはまったく違う、和テイスト満載のデザインが京都の特徴だ。

 館内のイタリアンレストランには、明治期の関西財界を代表する実業家、藤田傳三郎の別邸「夷川邸」を移築。庭園の灯籠や庭石も、当地で2011年まで営業していたホテルフジタ京都からの再利用で、新築ながら歴史の流れも感じさせる。

 景観規制の高さ制限で、建物は地上5階、地下2階。客室数134室と小ぶりだが、日本屋敷風のデザインが隣接する鴨川の風景になじむ。

「和のテイストを大切にした内外装は落ち着いた雰囲気」(富本一幸氏)。「大阪や東京と違ってホテル単独の建物。京都らしさを感じさせる内装やレストランもいい」(永宮和美氏)など、プロの期待も大きい。

 まだ宿泊客が少なく真価は未知数だが、田中雄司総支配人は「クレドにもうたっている、五感を刺激する仕掛けをしていきたい」と意気込む。

●香港系2ホテルが2位を分け合う

 2位には、香港に本拠を持つ2ホテルが仲良くランクイン。上写真のプールから眺める日比谷公園の光景がオススメのザ・ペニンシュラ東京は、灯籠をヒントにした地上24階の外観が目を引く。館内は日本古来の文様「立涌」をイメージ、緩やかな曲線が内装の随所に取り入れられている。


ザ・ペニンシュラ東京
楽天トラベル
巨大なオブジェのように美しく建つ高層タワー。エレガント&モダン、表情豊かなホテルで素敵な時間を。


楽天市場 by ザ・ペニンシュラ東京 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 スエズ運河以東で最高のホテルを目指し、1928年に開業したペニンシュラは、空港からロールスロイスで送迎、玄関でページボーイ/ページガールが出迎えるなどの独自サービスが魅力的。新ホテル建設の際には同一規格の部屋を香港に作り、トップ自ら泊まり込んで使い勝手を徹底的にチェックする。

「ラグジュアリーホテルでありながら、アクセスのしやすさをコンセプトにしている」(マルコム・トンプソン総支配人)東京の評価も高い。

「美しい室内プールを含めたスパの存在が光る。最近では珍しい、1棟丸ごとのホテルなので、都心の雰囲気が体感できるのもいい。ホテル内で食事をして、ゆっくり過ごしたい」(富田昭次氏)

 同じ2位のマンダリンオリエンタル 東京は、米国格付け会社から世界初の「六つ星」の最高評価を取得。日本橋三井タワーの高層階に客室を持ち、眺望は圧巻。「すべての部屋から東京のベストビューが楽しめる」(アンソニー・コスタ総支配人)。

「景観がよい、海外のお客様の評価が高い、レストランがお手頃価格」(菅野潔氏)のほか、足元から天井までの大きな窓で、眺望が最大限に楽しめる、との意見があった。

 実際にホテルを訪れると、施設面ではとにかく「作り込み」の細かさに舌を巻く。呉服の街である日本橋をイメージして、1階エントランスの糸を使ったオブジェなど、ファブリック(織物)が随所に使われている。デザイン性の高さも売りだ。

●新御三家に旅館、文化遺産ホテルも

 次点3ホテルはバラエティに富んだ組み合わせになった。

 新宿のパーク ハイアット 東京は、94年開業で今年が20周年。外資系ラグジュアリーホテルの走りとして、ウェスティンホテル東京、フォーシーズンズホテル椿山荘東京(現ホテル椿山荘東京)とともに「新御三家」と称された。中でもパークは建築家ジョン・モーフォード氏が全館をデザインした世界で唯一のホテルで、フィリップ・ルデサー総支配人お気に入りのトーキョースイートをはじめ、グリーンを基調とした部屋の雰囲気は、知人の居宅を思わせる。

 本や小物の配置から、小さなライトの光の当て方まで、すべてにストーリーが設定され、従業員ですら後からその理由や意味に気づくほどの精緻さ。世界中から多くのリピーターが集まるのもうなずける。

「当初の外資系御三家で唯一高レートを維持する秘密が知りたい」(瀧澤信秋氏)と専門家の興味は尽きない。「天空のプールは非日常感たっぷり。20年経ってもほかのホテルがまねできない高い天井による演出は色あせない」と感嘆する声も。

 国内勢も負けてはいない。宿泊客の熱いコメントで有名なのが、丸の内の東京ステーションホテルだ。復元して現在も営業を続ける重要文化財としては日本で唯一のホテルだ。客室数は150室と決して多くはなく、天井は3メートル台と高いものの、20平方メートル台の狭い部屋も多い。


東京ステーションホテル
楽天トラベル
2012年10月3日オープン 東京駅直結という絶好のロケーション


楽天市場 by 東京ステーションホテル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 にもかかわらず、「人生で一度はこのホテルに泊まってみたかった」と客が訪れ、一歩も部屋を出ない。藤崎斉総支配人に寄せられる声は、「生きる力をもらいました」「明日からまた頑張れます」といったものが多く、「帰りたくない」とのコメントすら珍しくないという。

 日常的に駅舎をくぐっているせいか、一度も泊まったことがないのになじみを感じる人は多いはず。

「歴史とともに、多くの文豪が利用した(執筆した)部屋からの眺めが魅力的。予約を取りにくい点が、逆にいつか利用したいと思わせる」(細内律子氏)

 そして、星のや 京都は、星野リゾートの手掛ける高級旅館ブランドだ。昨年の台風被害で休業していたが、リニューアルして2月に再開業した。

 コンセプトは「水辺の私邸」。「現代を休む」という星のやの中でも、一軒家のような客室の窓から桂川を眺め、非日常的な時間に浸れる。

 渡月橋の船着き場から船で宿に向かう演出から始まる心憎さで、「到着すると、川や緑といった自然の中で静かな星のやの世界に浸れる。レストランはおいしいのはもちろん、しっかりとした基礎の上に個性を乗せた料理が味わえる」(岩本大輝氏)。

 滞在中には聞香や和スイーツ、美文字など京都の歴史や文化を体感できるアクティビティもある。

 「意識しているのは提案型のサービス。主従関係のサービスではなく、相手の望みを想像する日本的なサービスだ」(酒井俊之総支配人)

 各ホテルのイメージや売りはさまざまだが、利用客の立場になった至極のおもてなしをストイックに追求する姿勢は見事に共通している。

 春の行楽シーズン。大切な家族や恋人とのひとときを、上質な空間で過ごしてみてはどうだろう。


画像

週刊 東洋経済 2014年 3/22号
東洋経済新報社
定価:690円(税込)



週刊 東洋経済 2014年 3/22号 [雑誌]
東洋経済新報社
2014-03-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊 東洋経済 2014年 3/22号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



週刊東洋経済 2014年3/22号 [雑誌]
東洋経済新報社
2014-03-17
週刊東洋経済編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊東洋経済 2014年3/22号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



週刊 東洋経済 2014年 3/22号 [雑誌]
楽天ブックス
東洋経済新報社発売日:2014年03月17日 予約締切日:2014年03月13日 A4変 20131


楽天市場 by 週刊 東洋経済 2014年 3/22号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



(記事提供:東洋経済)



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック