「枯れないチカラ」徳田重男著(宝島社 800円)

「枯れないチカラ」徳田重男著(宝島社 800円)
日刊ゲンダイ2014年3月26日 掲載

http://gendai.net/articles/view/book/148956

「枯れないチカラ」(宝島社新書)徳田重男著(宝島社 800円)


画像


米国CNNや欧州メディアにも取り上げられた、現役/最高齢のAV(アダルトビデオ)男優が語る、「死ぬまでセックス」の真髄。本書は、男性として最後まで枯れないチカラから、女性を悦ばすテクニックとモチベーション、男と女の心理学まで、あますところなく語りつくしています。AV男優という肩書きからはイメージできない、ひとりの老紳士としての語り口に、どんどん引き込まれ、あなたのセックスの考え方が変わること間違いありません。

枯れないチカラ (宝島社新書)
宝島社
徳田重男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 枯れないチカラ (宝島社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



枯れないチカラ [ 徳田重男 ]
楽天ブックス
宝島社新書 徳田重男 宝島社発行年月:2014年02月 予約締切日:2014年02月07日 ページ数


楽天市場 by 枯れないチカラ [ 徳田重男 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2014年02月
・著者/編集:徳田重男
・出版社:宝島社
・サイズ:新書
・ページ数:185p
・ISBNコード:9784800222633

【内容情報】
本書では、定年間近だった普通のサラリーマンが突然、アダルト業界へと転身した驚きの経緯から、日常生活で老いないために何気なく実践していること、さらには女性を口説き落とすためのテクニックや性生活で使える秘技など、徳田重男が自らの“生活”と“性活”を赤裸々に語る。世代を越えて、すべての男たちに実践的ヒントを与える脚色なしのインタビュー。

【目次】
第1章 枯れないオトコの「性交論」
セックスを楽しむために薬を使ったほうがいいのか
最高のセックスとは
女性とのコミュニケーションの取り方 ほか
第2章 枯れないオトコの心構え
ズバリ!枯れないためにはどうしたらいいか
枯れないチカラ=絶倫というわけではない
意外と使えるくどき文句 ほか
第3章 枯れないオトコの体験談
結婚後に愛した女性
波長が合えば何でもお願いできる
男性だけが性に積極的なわけではない ほか

【著者情報】
徳田重男(トクダシゲオ)
1934年(昭和9年)8月18日東京都中央区生まれ。2008年、日本最高齢のAV男優として米CNN通信をはじめ、英ロイター通信など世界各国のメディアに報道されるなど注目を浴びる。59歳の時、旅行代理店時代の出張中に見たアダルト映像メーカーの社長と出会い、作品への出演交渉を受け、AV男優として出演を承諾する。以降、年間60本もの作品に出演し現在も尚、現役AV男優として第一線で活躍中

 世界最高齢、79歳のAV男優が、いつまでも現役でありたいと願う中高年に向けて「枯れない」ヒントと性愛哲学を明かすインタビュー集。

 実は29歳で結婚するまで童貞で、定年間近の59歳で業界に飛び込むまで、妻一筋の性生活だったという。そんな氏が、AV男優としてデビューすることになった経緯から、女性が絶頂に達したかどうかの見極め方、前戯が8割・挿入が2割と心がけ、愛撫こそがセックスだと説く著者のとっておき愛撫術、そしてセックスの持続力の要である足腰の筋肉の鍛え方まで。仕事やプライベートで出会った女性たちとのエピソードを交えながら、すべての男性に役立つ実践的テクニックを紹介。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック