【試用レポート】 AF-S DX NIKKOR 18~300mmF3.5~6.3G ED VR

試用レポート
ニコン AF-S DX NIKKOR 18~300mmF3.5~6.3G ED VR

http://dot.asahi.com/asahicameranet/info/trialreport/140725.html


画像

高倍率ズームが軽く小さく低価格に


 ニコンにはすでにAF-S DXニッコール18~300mmF3.5~5.6G ED VR(実売11万2660円)という同焦点距離の高倍率ズームが存在している。今回のレンズは、テレ端の開放F値を6.3へと若干落とす代わりに、長さを約21mm短く、重さも約830gから約550gへと大幅に軽量化し、持ち出しやすくなっている。この軽量化によりD3300やD5300といったエントリークラス機と組み合わせたときでも極端にレンズヘビーにならないですむ。

 ここ数年はミラーレス機が躍進したこともあり、それに対抗する一眼レフではシステムとしてさらなる小型・軽量化が不可欠だが、このレンズの登場はその一助となるだろう。旅行などで高倍率ズームが真価を発揮するときには、この小ささは何よりもありがたい。

 写りの点では広角端から200mmくらいまではなかなか秀逸なものの、それより望遠域では解像力が若干落ちる印象を受けた。とはいえ16.7倍という「超」高倍率ズームレンズであることを考えれば、十分納得できる画質を持っていることは確かだ。 河田一規


画像

220mm位置で撮影。全ズーム域で画質が変わらないわけではないが、ある一定の画質は確実に維持されている。小型化されたので、スナップで取り回しやすいレンズになった
■ニコンD5300・プログラムAE(絞りf6.3・400分の1秒)・AWB・ISO100・RAW



描写性

既存の18~300mmでは広角側よりも望遠側のシャープさが印象的だったが、本レンズは逆に広角から200mmくらいまでがシャープ。ただし、そこから300mmまでの解像度が少しだけ甘くなる傾向がある

使用感・操作性

手ブレ補正機能は既存の18~300mmより強化され約4段分の効果を持つ。実用でもその強力な補正効果を実感できた。ズームリングは望遠側へ繰り出すときの回転トルクの変化が大きめなのがやや気になる。フードが別売なのは残念

デザイン

鏡筒は当然ながらエンジニアリングプラスチック製で、ハンマートーンぽい表面処理が施されている。高級感はないが、それほど安っぽさも感じられない。既存の18~300mmにあった距離表示は、低価格のためだろうか省略されてしまったのは残念

■レンズ構成:12群16枚(非球面レンズ3枚、EDガラス3枚)
■最短撮影距離:0.48m
■最大撮影倍率:1/3.4倍
■画角:76°~5°20′
■フィルター径:Φ67mm
■大きさ・重さ:約Φ78.5×99mm・約550g
■価格:10万440円(実売8万9700円)





AFSDXVR18-300G6.3【税込】 ニコン 【Joshin web限定 67mmフィルター付き】AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR ※DXフォーマット用レンズ(24mm×16mm) [AFSDXVR18300G63]【返品種別A】【送料無料】【RCP】
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:△在庫僅少□「返品種別」について詳しくはこちら□2014年04月 発売※ご注文に関しまして


楽天市場 by AFSDXVR18-300G6.3【税込】 ニコン 【Joshin web限定 67mmフィルター付き】AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR ※DXフォーマット用レンズ(24mm×16mm) [AFSDXVR18300G63]【返品種別A】【送料無料】【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0