「旅はときどき奇妙な匂いがする」宮田珠己著(筑摩書房 1620円税込)

「旅はときどき奇妙な匂いがする」宮田珠己著(筑摩書房 1620円税込)
日刊ゲンダイ2015年1月17日



画像


「旅はときどき奇妙な匂いがする アジア沈殿旅日記 」宮田珠己著(筑摩書房 1,620円税込)


画像



旅はときどき奇妙な匂いがする: アジア沈殿旅日記 (単行本)
筑摩書房
宮田 珠己

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 旅はときどき奇妙な匂いがする: アジア沈殿旅日記 (単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



旅はときどき奇妙な匂いがする [ 宮田珠己 ]
楽天ブックス
アジア沈殿旅日記 宮田珠己 筑摩書房発行年月:2014年12月10日 予約締切日:2014年12月0


楽天市場 by 旅はときどき奇妙な匂いがする [ 宮田珠己 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2014年12月10日頃
著者/編集: 宮田珠己
出版社: 筑摩書房
サイズ: 単行本
ページ数: 221p
ISBNコード: 9784480878793

【目次】
1 台湾
行き先は台湾がよさそうなこと
「参考」台湾人についてのささやかな事前情報 ほか
2 マレーシア
なんでわざわざミッションを?
ビーチリゾートの玄関口 ほか
3 ラダック
わが最愛のザックが、神に見放されるまでの顛末
さらば、いい加減な旅 ほか
4 熊本
阿蘇の思い出
日本の大地は、案外日本的でないこと ほか

【著者情報】
宮田珠己(ミヤタタマキ)
1964年、兵庫県生まれ

 数年前から右足に謎の痛みを感じるようになった著者は、病院に行っても原因がわからないその痛みを「ペリー」と名付け、ペリー来襲から逃れるべく休暇旅行に出かけた。若い頃に追求した他の誰にもできない自分だけの旅でも、紀行文を書くことを目的とした仕事のための旅でもなく、悩みを軽減するために自分の気分と都合だけを優先した自由な旅の原風景に戻ろうと決意したのだ。

 そんな気分で選んだ旅先は、台湾、マレーシア、インド、熊本。心の底からリラックスできる旅をするため、ボロボロの文庫本を荷物に忍び込ませ、飛行機恐怖症の軽減策を考え、心の赴くままホテルや散策する町を選択してアジアをさまよう。果たして、休暇としての理想的な旅は実現できたのか――。

 サラリーマン生活を経て、「旅の理不尽」でデビューした著者による迷走旅エッセー。旅先の見どころを紹介した紀行文と違い、気ままな旅ならではの非日常感をユーモアたっぷりにつづっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0