宮部みゆき新刊は世界崩壊のサインに警鐘を鳴らすエンタメ作 『悲嘆の門(上・下)』

宮部みゆき新刊は世界崩壊のサインに警鐘を鳴らすエンタメ作
NEWSポストセブン2015.02.08 07:00

http://www.news-postseven.com/archives/20150208_301449.html

【書籍紹介】『悲嘆の門(上・下)』宮部みゆき/毎日新聞社/各1600円+税

「悲嘆の門(上)」 宮部みゆき著(毎日新聞社 1,728円税込)


画像


怖いよ。怪物がくる!日本を縦断し、死体を切り取る戦慄の殺人事件発生。ネット上の噂を追う大学一年生・孝太郎と、退職した刑事・都築の前に、“それ”が姿を現した!ミステリーを超え、ファンタジーを超えた、宮部みゆきの新世界、開幕。大ベストセラー『英雄の書』に続く待望の新刊!


悲嘆の門(上)
毎日新聞社
宮部 みゆき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悲嘆の門(上) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



悲嘆の門(上) [ 宮部みゆき ]
楽天ブックス
宮部みゆき 毎日新聞社発行年月:2015年01月15日 予約締切日:2015年01月14日 ページ数


楽天市場 by 悲嘆の門(上) [ 宮部みゆき ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年01月15日頃
著者/編集: 宮部みゆき
出版社: 毎日新聞社
サイズ: 単行本
ページ数: 406p
ISBNコード: 9784620108087

【内容情報】
ネットに溢れる殺人者の噂を追う大学一年生・孝太郎。“動くガーゴイル像”の謎に憑かれる元刑事・都築。人の心に渇望が満ちる時、姿を現すものは?宮部みゆきの物語世界、さらなる高みへ!

【著者情報】
宮部みゆき(ミヤベミユキ)
1960年生まれ。東京都出身。東京都立墨田川高校卒業。法律事務所等に勤務の後、87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。1992年「龍は眠る」で第45回日本推理作家協会賞長編部門、同年「本所深川ふしぎ草紙」で第13回吉川英治文学新人賞。1993年「火車」で第6回山本周五郎賞。1997年「蒲生邸事件」で第18回日本SF大賞。1999年「理由」で第120回直木賞。2001年「模倣犯」で毎日出版文化賞特別賞、第5回司馬遼太郎賞、第52回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門をそれぞれ受賞。2007年「名もなき毒」で第41回吉川英治文学賞受賞。2008年英訳版『BRAVE STORY』でThe Batchelder Award受賞


「悲嘆の門(下)」 宮部みゆき著(毎日新聞社 1,728円税込)


画像


怖いよ。怪物がくる!日本を縦断し、死体を切り取る戦慄の殺人事件発生。ネット上の噂を追う大学一年生・孝太郎と、退職した刑事・都築の前に、“それ”が姿を現した!ミステリーを超え、ファンタジーを超えた、宮部みゆきの新世界、開幕。大ベストセラー『英雄の書』に続く待望の新刊!


悲嘆の門(下)
毎日新聞社
宮部 みゆき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悲嘆の門(下) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



悲嘆の門(下) [ 宮部みゆき ]
楽天ブックス
宮部みゆき 毎日新聞社発行年月:2015年01月15日 予約締切日:2015年01月14日 ページ数


楽天市場 by 悲嘆の門(下) [ 宮部みゆき ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年01月15日頃
著者/編集: 宮部みゆき
出版社: 毎日新聞社
サイズ: 単行本
ページ数: 393p
ISBNコード: 9784620108094

【内容情報】
「連続切断魔」の正体は?「悲嘆の門」とは何か?圧巻の終章に向けて物語は加速する!最高傑作誕生。このめくるめく結末に震撼せよ。

【著者情報】
宮部みゆき(ミヤベミユキ)
1960年生まれ。東京都出身。東京都立墨田川高校卒業。法律事務所等に勤務の後、87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。1992年「龍は眠る」で第45回日本推理作家協会賞長編部門、同年「本所深川ふしぎ草紙」で第13回吉川英治文学新人賞。1993年「火車」で第6回山本周五郎賞。1997年「蒲生邸事件」で第18回日本SF大賞。1999年「理由」で第120回直木賞。2001年「模倣犯」で毎日出版文化賞特別賞、第5回司馬遼太郎賞、第52回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門をそれぞれ受賞。2007年「名もなき毒」で第41回吉川英治文学賞受賞。2008年英訳版『BRAVE STORY』でThe Batchelder Award受賞

〈人間は《概念》などという形のないものと闘うことはできない。ただそれに染まり、それに呑み込まれるばかりだ〉。連続して発見される身体の一部が欠損した死体の話題で盛り上がるネット空間。電脳世界のあらゆる情報を監視する会社でバイト中の大学生・孝太郎は、ある手掛かりに辿りつく。一方、新宿の廃虚と化したビルの屋上に忽然と現われる“ガーゴイル像”。当たり前の日常の蓄積が孕む世界崩壊のサインに警鐘を鳴らすエンタメ巨編。

※週刊ポスト2015年2月13日号

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0