元防衛官僚が安倍政権の安全保障政策の問題点について語る本…『亡国の集団的自衛権』柳澤協二著

元防衛官僚が安倍政権の安全保障政策の問題点について語る本
2015.03.09 16:00

http://www.news-postseven.com/archives/20150309_308425.html

【書籍紹介】『亡国の集団的自衛権』柳澤協二/集英社新書/700円+税

「亡国の集団的自衛権」(集英社新書) 柳澤協二著(集英社 756円税込)


画像



亡国の集団的自衛権 (集英社新書)
集英社
2015-02-17
柳澤 協二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 亡国の集団的自衛権 (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



亡国の集団的自衛権 [ 柳澤協二 ]
楽天ブックス
集英社新書 柳澤協二 集英社発行年月:2015年02月17日 予約締切日:2015年02月12日 ペ


楽天市場 by 亡国の集団的自衛権 [ 柳澤協二 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年02月17日頃
著者/編集: 柳澤協二
出版社: 集英社
サイズ: 新書
ページ数: 190p
ISBNコード: 9784087207743

【内容情報】(出版社より)
イラク戦争時、小泉、安倍(第一次)、福田、麻生の四代の総理大臣の下、自衛隊海外派遣のための法整備と現場指揮を主導した元防衛官僚が、現政権の安全保障政策を、豊富な事例を挙げながら徹底批判する。

【内容情報】
安倍政権は、集団的自衛権の行使容認をめざして、着々と足場を固めている。戦後七〇年間続いてきた「憲法九条」体制も、大きく揺らいでいる。著者は、イラク戦争時に、小泉、安倍(第一次)、福田、麻生の四代の総理大臣の下、自衛隊海外派遣のための法整備と現場指揮を主導した、元防衛官僚である。「立憲主義」への挑戦ともいうべき現政権の安全保障政策を、豊富な事例を挙げながら徹底批判。わが国でもっとも戦争を知る人物だからこその、国際紛争の現実に即した説得力のある議論を展開!

【目次】
序章 集団的自衛権の視点
真の政策目標はどこにあるのか
自衛隊を出動させることの重み ほか
第1章 集団的自衛権と日米ガイドライン改定の行方
ガイドライン改定中間報告
イスラム国・中国・北朝鮮とガイドライン
政治が先か軍事が先か
第2章 七月一日閣議決定のおかしさ
従来の政府見解との乖離
現実性のない事例
効かない歯止め
第3章 バラ色の集団的自衛権
「普通の国」とは何か
何を抑止するのか?
抑止力を高めて日本を平和にする? ほか
第4章 国際情勢はどう変わったか
戦争をめぐる要因・戦争のやり方
「米国による平和」の行方
米中の力関係 ほか
第5章 集団的自衛権は損か得か
日米同盟のバランス感覚
米中対決のシナリオと日本の役割
日中戦争とアメリカの対応
第6章 世界の中でどう生きるかー今日の「護憲」の意味
日本とは、どういう国か
日本のパワーの源泉と弱点

【著者情報】
柳澤協二(ヤナギサワキョウジ)
1946年、東京都生まれ。70年、東京大学法学部卒業後、防衛庁(当時)に入庁。防衛審議官、運用局長、人事教育局長、防衛庁長官官房長などを歴任し、2002年、防衛研究所所長。04年から09年にかけて、内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)

 小泉政権以降4代の総理大臣の下で自衛隊海外派遣の法整備等にかかわってきた元防衛官僚が、現在の安倍政権下の安全保障政策の問題点について語る。集団的自衛権の落とし穴、「護憲」の意味など、政府の中枢にいた著者の言葉だけに傾聴の価値がある。

※週刊ポスト2015年3月20日号

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0