「2015年版 プロ野球 問題だらけの12球団」小関順二著(草思社 1500円+税)

「2015年版 プロ野球 問題だらけの12球団」小関順二著(草思社 1500円+税)
日刊ゲンダイ2015年3月18日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/158133


画像


「プロ野球問題だらけの12球団(2015年版)」 小関順二著(草思社 1,620円税込)


画像



2015年版 プロ野球問題だらけの12球団
草思社
小関順二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2015年版 プロ野球問題だらけの12球団 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



プロ野球問題だらけの12球団(2015年版) [ 小関順二 ]
楽天ブックス
小関順二 草思社発行年月:2015年02月 ページ数:236p サイズ:単行本 ISBN:97847


楽天市場 by プロ野球問題だらけの12球団(2015年版) [ 小関順二 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年02月
著者/編集: 小関順二
出版社: 草思社
サイズ: 単行本
ページ数: 236p
ISBNコード: 9784794221100

【内容情報】
マエケン、黒田の二枚看板を擁する広島、大田や坂本ら若い世代の奮起が期待される巨人、金子残留に、中島、ブランコなど大補強のオリックス、捕手以外は鉄壁の陣容を誇る王者ソフトバンク…。混戦必至の今シーズンのゆくえをドラフト分析の第一人者が膨大なデータをもとに鋭く予見する、プロ野球ファン必読の決定版ガイド!

【目次】
2015年版プロ野球4大特集
「侍ジャパン」を活用して球界の活性化と収益増を狙え!
メジャーからの復帰組は活躍できるか?
下位の常連チームが魅力的な球団に変貌しつつある!
2015年のドラフト候補生は彼らだ!
パシフィック・リーグ戦力徹底分析!
セントラル・リーグ戦力徹底分析!

【著者情報】
小関順二(コセキジュンジ)
スポーツライター。1952年神奈川県生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。CSテレビ局スカイ・A sports+が中継するドラフト会議の解説を1999年以降の16年間、フレッシュオールスターゲームのゲスト解説を2010年以降の5年間務めている。

 過去4000試合を観戦してきた著者が、膨大なデータをもとに間もなく開幕するプロ野球各球団の今季の戦力を分析したスポーツハンドブック。

 昨年、日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスは、積極的な補強をした前季オフから一転。今年の目立った補強は、メジャーから国内復帰した松坂大輔投手だけ。捕手の補強が緊急の課題だと指摘する。一方、セ・リーグの読売ジャイアンツはレギュラーの顔ぶれは一流だが、ベテラン偏重で若手が台頭しづらい環境に陥っていると忠告。さらにドラフトの結果を踏まえ、各球団の数年先のチーム状況まで予測。プロ野球観戦が一層楽しくなるファン必携本。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0