【放送芸能】 白熱 俳句教室 TBS「プレバト!!」 (東京新聞2015年4月26日 朝刊)

【放送芸能】
白熱 俳句教室 TBS「プレバト!!」
東京新聞2015年4月26日 朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2015042602000162.html

 いま俳句をたしなむ人が、世代を超えてじわじわと増えている。「五七五」のわずか十七音に、一般に季語を入れる決まりがあったり、難しい言葉が使われていたりしてとっつきにくいイメージがあるが、テレビのバラエティー番組ですっかりおなじみの看板コーナーになり、街で開かれるイベントはチケット完売の人気だ。季節は花咲き誇る春から緑まぶしい初夏へ。あなたも歳時記を片手に一句詠んでみませんか-。 (増田紗苗)

 「一見かっこいいけど、本当に普通の発想ですね」「言葉の選び方が安易」。芸能人の隠れた才能をその道のプロが査定するTBSのバラエティー番組「プレバト!!」(隔週木曜夜七時)で俳句コーナーを担当する俳人の夏井いつきさん(57)は、芸能人たちの力作を辛口コメントで添削していく。「凡人」「才能ナシ」と査定された句も、夏井さんが少し手を加えるだけで見違えるような句に変わる。

 夏井さんが担当するようになって一年半ほど。生け花や料理の盛り付けなどで芸能人の才能を評価する番組にあって、俳句コーナーはすっかり看板コーナーとして定着。番組で紹介した添削事例をまとめた著書「超辛口先生の赤ペン俳句教室」は、俳句本としては異例の四万部を突破した。

「超辛口先生の赤ペン俳句教室」 夏井いつき著(朝日出版社 1,404円税込)


画像


話題のバラエティ番組『プレバト!!』(MBS・TBS系/木曜よる7時~)で大好評の俳句コーナーをまるごと1冊に!

夏井いつき先生が、人気芸能人62人が詠む俳句を一刀両断!
美しい兼題写真と添削をオールカラーで完全ヴィジュアル化!
初めての人でも俳句がうまくなる、やさしく、楽しい入門書


超辛口先生の赤ペン俳句教室
朝日出版社
夏井 いつき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 超辛口先生の赤ペン俳句教室 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



超辛口先生の赤ペン俳句教室 [ 夏井いつき ]
楽天ブックス
夏井いつき 朝日出版社発行年月:2014年11月28日 ページ数:155p サイズ:単行本 ISBN


楽天市場 by 超辛口先生の赤ペン俳句教室 [ 夏井いつき ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2014年11月28日頃
著者/編集: 夏井いつき
出版社: 朝日出版社
サイズ: 単行本
ページ数: 155p
ISBNコード: 9784255008097

【内容情報】
これなら私もつくれそう!初めての人でもうまくなるやさしい俳句入門書。

【目次】
序章 はじめの一歩を踏み出すために
第1章 季語は一句に一つ?-季重なり
第2章 「発想の吹き溜まり」を抜けだすには?-類想類句
第3章 「言葉の無駄遣い」って何?-言葉の節約
第4章 「こころ」と「ことば」に隙間あり?-伝わる俳句
第5章 「発想を活かす」ための小さなコツとは?-初心者向け俳句作りのテクニック
第6章 プレバト秀句を味わうー印象的な一句とは

【著者情報】
夏井いつき(ナツイイツキ)
昭和32年生まれ。8年間の中学校国語教諭の後、俳人へ転身。「第8回俳壇賞」受賞など。俳句集団「いつき組」組長。創作活動&指導に加え、俳句の授業“句会ライブ”、全国高等学校俳句選手権「俳句甲子園」の創設にも携わるなど幅広く活動中。テレビラジオのレギュラー出演、MBS「プレバト!!」俳句コーナー出演中。松山市公式俳句サイト「俳句ポスト365」選者、朝日新聞愛媛俳壇選者、愛媛新聞日曜版小中学生俳句欄選者

 見ず知らずの俳句教室の先生から「うちの教室の定員がいっぱいになった」と声を掛けられたり、番組を見て夏井さん主宰の俳句イベントに参加する人が増えたりしており、俳句の広がりを感じているという。

 「俳句を始めようと思ったら自分が作った俳句がどう評価されるかとか、創作の苦しみとかを考えてしまい、構えてしまう。だけど『プレバト!!』は、他人の作品を笑っているうちに、日本語ってすてきだなとか、あの程度なら私にだってと感じてもらえるんだと思う」

 夏井さんを抜てきした毎日放送の田中良プロデューサーは「NHKの番組だったと思いますが、夏井さんの添削を見て、こんなにも理路整然と誰もが納得できるように解説できる人はいないと思った。あとは毒舌。大御所には気を使うというような制作者の意図を全くひっくり返してくれる力があったのが一番の魅力だった」と明かす。

 これまで和田アキ子さんや泉ピン子さん、元タカラジェンヌらのベテラン、大物芸能人の作品にも容赦なくダメ出ししてきた。当の夏井さんは「だって俳句の良しあしに大御所かどうかなんてことは入る隙がない。句会に誰が来ようと同じで、下手なものは下手でしょうがないんです」と笑い飛ばす。

 次回放送は五月七日で、俳句コーナーのお題は「富山のチューリップ畑」。

◆夏井先生からダメ出し!!


画像


 桜の写真を見て筆者(増田)も一句作り、夏井さんに添削してもらった。

 まず「フレッシュマン」が季重なり(季語が複数入ること)っぽいけど、ギリギリセーフかなぁ。ぱっと読んだ時に、背中に花吹雪って「遠山の金さん」かと思いません? 「すくむ」という言葉も描写が説明しすぎているけど、この句を取るとあなたの句としての存在価値がほとんどなくなる。番組でもこういう特徴的な言葉は残すようにしています。

 「花吹雪」というと落花のイメージなので、素直に希望があるように「桜咲く」と言っちゃう。

 <添削後>

 桜さく

 フレッシュマンの

 背のすくむ

 
「遠山の金さん」からは何とかなったと思います。まあ、凡人のど真ん中かな。

◆一句に爆笑、一体感も 句会ライブ企画・堀本裕樹さん

 二〇一一年六月のスタート以来、これまでに十三回開催され、今では半日でチケットが完売するという人気の句会が「東京マッハ」だ。

 俳人の堀本裕樹さん(40)と経済誌の連載で意気投合したエッセイストの千野帽子(ちのぼうし)さんが「公開句会をやろう」と言いだし、作家の長嶋有さんとゲームデザイナー米光一成さんのクリエーター二人が加わった。ステージ上で句会を開き、観客に見せるという「前代未聞の試み」(堀本さん)だったが、東京・渋谷の会場には八十人以上が詰めかけ、いっぱいになった。堀本さんは「びっくりしました」と笑う。

 観客は会場に入ると、事前にメンバーたちが作った俳句を並べた紙を渡され、好きな句に印を付けるだけ。自分で俳句を作らなくてもいいので気軽に参加しやすい。ステージでメンバーが披露する解釈も魅力だ。

 今年一月に神楽坂で開かれた句会は、こんな感じだ。

 ゲスト参加した漫画家の衿沢世衣子(えりさわせいこ)さんの一句。

 初笑い

 鶏もも肉の

 切れぬ皮


 これに、長嶋さんは「自炊するようになって…、包丁研げよって。あるある句だよね」とコメント。堀本さんも「家族で鍋を食べてて、鶏肉が切れなくてぶらーんとしてて。家族で初笑いとか」と想像を広げる。

 堀本さんは「全然違う話にそれることもあるけど、それが寄席みたいで爆笑が起こる。俳句を通して壇上の僕らとお客さんに一体感が生まれて、ライブのような感覚です」と解説する。

 堀本さんは、日本酒を試飲しながらの「日本酒句会」を開いたり、男性誌上で句会を試みたりするなど、俳句の普及のために積極的に仕掛ける。「俳句そのものにすごく可能性があり、異業種ともコラボすることでいろんな伝え方ができると思っている。日本人って、俳句を知っているようで意外に知らないですよね。難しい、なじみがないと思われているので、そういうのを払拭(ふっしょく)して、自分も楽しみながら俳句の豊かさを伝えたい」と意気込む。

 十七文字の魅力を堀本さんは力説する。「俳句をすると季節感を細かく感じられるようになる。日々が豊かになって一日一日を丁寧に過ごせる。大事なことだと思います」

 <ほりもと・ゆうき> 俳句結社「河」の編集長を三年務め、一〇年に独立。誰でも参加できる「いるか句会」「たんぽぽ句会」を毎月主宰する。お笑い芸人のピース又吉直樹さんとの共著「芸人と俳人」(集英社)が来月二十六日に発売。

「芸人と俳人」 又吉直樹, 堀本裕樹著(集英社 1,404円税込)


画像



芸人と俳人
集英社
又吉 直樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 芸人と俳人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



芸人と俳人 [ 又吉直樹 ]
楽天ブックス
又吉直樹 堀本裕樹 集英社タレント エッセイ ピース 火花 芥川賞 サブカル 俳句 自由律 定型 せ


楽天市場 by 芸人と俳人 [ 又吉直樹 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年05月
著者/編集: 又吉直樹, 堀本裕樹
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 344p
ISBNコード: 9784087716122
商品説明

ピース又吉(35歳)、初めての俳句入門。

作家としても注目を集めるピースの又吉直樹が、気鋭の俳人・堀本裕樹に弟子入り。

はじめ、俳句の創作について「恐ろしい」と語っていた又吉が、ひそやかな2年の学びを経て、徐々に俳句の面白さに開眼していく。

20句を超える実作俳句や、書き下ろしエッセイも収録。

言葉を生業とするふたりが交わした対話から、お笑いと俳句の知られざる共通点が明らかに!

第一章 俳句は「ひとり大喜利」である

第二章 五七五の「定型」をマスター

●季語エッセイ
春 「蛙の目借時」又吉直樹

第三章 「季語」に親しもう

第四章 「切字」を武器にする!

●季語エッセイ
夏 「子蟷螂」堀本裕樹

など、対談形式で俳句の楽しみ方を学べる全十章。