ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【新書あらかると】 「知性とは何か」佐藤優著(祥伝社 820円+税)

<<   作成日時 : 2015/07/16 17:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新書あらかると
「知性とは何か」佐藤優著(祥伝社 820円+税)
日刊ゲンダイ2015年7月16日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/161779

「知性とは何か」(祥伝社新書) 佐藤優著(祥伝社 885円税込)


画像


知性とは何か(祥伝社新書)
祥伝社
佐藤優

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 知性とは何か(祥伝社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



知性とは何か [ 佐藤優 ]
楽天ブックス
祥伝社新書 佐藤優 祥伝社発行年月:2015年06月01日 予約締切日:2015年05月29日 ペー


楽天市場 by 知性とは何か [ 佐藤優 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年06月01日頃
著者/編集: 佐藤優
出版社: 祥伝社
サイズ: 新書
ページ数: 266p
ISBNコード: 9784396114206

【内容情報】
ナショナリズム、歴史修正主義、国語力低下…日本を蝕む「反知性主義」。それに負けない強靱な「知性」を身につけるには?

【目次】
第1章 日本を席捲する「反知性主義」-安倍政権の漂流
第2章 歴史と反知性主義ーナショナリズムをどうとらえるか
第3章 反知性主義に対抗する「知性」とは?(1)
言葉の重要性
第4章 反知性主義に対抗する「知性」とは?(2)
反知性主義の存在論と現象論
第5章 どうすれば反知性主義を克服できるか?
第6章 知性を身につけるための実践的読書術

【著者情報】
佐藤優(サトウマサル)
作家・元外務省主任分析官。1960年、東京都生まれ。85年、同志社大学大学院神学研究科修了。外務省に入省し、在ロシア日本国大使館勤務等を経て、国際情報局分析第一課主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害罪で逮捕・起訴され、09年に執行猶予付有罪確定。13年6月に執行猶予期間満了。『国家の罠』(第59回毎日出版文化賞特別賞)、『自壊する帝国』(第5回新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞)など著作多数

 世界を脅かすイスラム教過激派も、各国で台頭するナショナリズムも、すべて反知性主義を反映したものだと著者は指摘する。反知性主義とは、「実証性と客観性を軽視もしくは無視して、自分が欲するように世界を理解する態度」のこと。

 本書は、反知性主義化する日本の政治に危機感を抱く著者が、反知性主義がもたらす問題と、その克服のためにはどうすればよいのかを説いた論考。憲法改正問題に関連して、「ナチスの手口に学んだらどうかね」と語った麻生副総理の発言などを例に考察。反知性主義に対抗するための知性の復権、そして本当の知性を身につけるためにはどうすべきかを語る。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
【新書あらかると】 「知性とは何か」佐藤優著(祥伝社 820円+税) ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる