【小沢一郎 安保法案を潰す秘策を話そう】<第11回>維新の路線がハッキリしたことは野党再編にプラス

安保法案を潰す秘策を話そう/小沢一郎
<第11回>維新の路線がハッキリしたことは野党再編にプラス
日刊ゲンダイ2015年9月12日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163833


画像
小沢一郎氏(C)日刊ゲンダイ

 安保法案の参院の審議で、来週15日に中央公聴会を開くことが決まってしまった。自公が強行に議決したということだが、そんな暴挙は、野党は絶対に阻止しなければいけなかった。そのうえ、暴挙に抗議して、野党が翌日からの審議を拒否するのかと思いきや、何事もなかったかのように審議を続けている。いったい、どうなっているのか。

 国会運営の常識では、公聴会の開催は採決を前提にしている。採決させないために公聴会を少しでも遅らせるには、予算委員会の開催要求、統合幕僚長が米国で安保法案の成立時期に言及したという文書の追及、これまでの大臣答弁の矛盾など、まだまだ審議すべき問題は山ほどあった。公聴会が決まり、残念だが、このままでは安保法案は本当に成立してしまいかねない。

 もちろんまだ、総理や大臣、議長、議運委員長、特別委員長など、参院に5つや6つの問責決議案を出して、採決させないように粘ることはできる。参院の本会議を来週金曜(18日)まで延ばせられれば、連休に入る。連休になれば、反対している国民がドッと国会周辺に集まるだろう。27日の会期末が迫り、官邸は追い込まれる。

 何度も言っているように本気でやる気になれば、廃案にできるんだ。この問題に限っては、国会で野党がかなり荒っぽいことをしても、国民の支持は得られるだろう。あとは野党第1党の民主党の覚悟次第である。

 いずれにしても、自公の横暴に根本的なストップをかけるには、野党が来年の参院選で勝ち、続く衆院選でも勝つしかない。その意味では、維新の党の路線がハッキリしてきたことは、国民にとっても日本の政治にとっても分かりやすくてよかった。

 橋下さんと松井さんは安倍内閣を高く評価し、与党側にスタンスを置いている。一方、松野代表らは野党を再編して、自公政権に代わる受け皿をつくろうという考え方。どちらがいい悪いではなく、基本的な方向性の違いだから、与党と連携してやるという人も、野党で受け皿を目指すという人も、それはそれでいい。今後、維新は2つの党に割れることになるのだろう。野党共闘において、松野さんが率いる再編を目指すグループの役割は極めて大きい。

 年内には共闘の形をつくらないと参院選に間に合わない。民主と維新の両党を解党して新党をつくるのがベストだけれど、なかなか民主党は難しいだろう。その場合は次善の策として、以前話したような「オリーブの木」方式の統一名簿で戦うべきだ。既存の政党とは別に届け出政党をつくり、その政党に個人が参加するという形で選挙に臨む。そうすれば、必ず勝てる。比較第1党になれる。

 既存の政党名でひとつにまとまるのでは勝ち目がない。新しい名前で国民に「新生統一野党」をアピールすべき時期にきていると思う。

「私たちの平和憲法と解釈改憲のからくり 専守防衛の力と「安保法制」違憲の証明」 小西洋之著(八月書館 1,620円税込)


画像





私たちの平和憲法と解釈改憲のからくり [ 小西洋之 ]
楽天ブックス
専守防衛の力と「安保法制」違憲の証明 小西洋之 八月書館発行年月:2015年08月 ページ数:241


楽天市場 by 私たちの平和憲法と解釈改憲のからくり [ 小西洋之 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年08月
著者/編集: 小西洋之
出版社: 八月書館
サイズ: 単行本
ページ数: 241p
ISBNコード: 9784938140915

内容紹介

■著者 小西洋之より

本書は、集団的自衛権行使の解釈改憲が「なぜ、憲法違反なのか」について、分かりやすくご説明するものです。

集団的自衛権の行使は、60年以上の国会審議を通じ、「憲法9条の改正以外に可能とする手段がない」とされてきました。 それが、なぜ可能になったのか。

それは、真相を知っていただければ中学生や高校生でも理解できる不正の手口、「解釈改憲のからくり」によるものなのです。

私は、昨年の解釈改憲(7.1閣議決定)から、このからくりを国会で徹底的に追及してきました。
そして、それは、安保法制を審議する衆議院の特別委員会でも、最も多くの議論がなされた論点です。

しかし、衆議院では7月に強行採決がなされ、参議院に法案が送られています。
私は、参議院の特別委員会のメンバーとして、同僚議員とともにこのからくりの追及を続けています。
しかし、憲法の定める「60日ルール」によって、9月14日以降は衆議院の再可決だけで法案を成立させることができるのです。

このからくりを今すぐに、一人でも多くの国民の皆さまに知っていただきたい。
そして、「憲法を取り戻す」ために声を上げていただきたい。
それが、国会議員の憲法遵守・擁護義務を全力で果たすため、本書を書いた私の思いです。

また、本書は、私たちの平和憲法とは何か、憲法9条と前文に書かれている平和主義の考えについてご説明し、安倍総理の「積極的平和主義」の欺瞞(ぎまん)や、国是であった「専守防衛」がまったく別の姿に改変されていることを明らかにしています。
そして、「砂川判決」を集団的自衛権行使の合憲の根拠とする暴論を、徹底的に論破しています。

さらに本書は、こうした「憲法論」だけではなく、日本の安全保障において集団的自衛権行使が本当に必要なのか? という「政策論」についても、ていねいな分析を行っています。

ホルムズ海峡の事例、日本人親子が米軍艦船で避難する事例、自衛隊が米軍イージス艦を防護する事例が、集団的自衛権行使が全く不要な事例であることについて、徹底的にご説明します。

また、日米同盟のアメリカにおける本質的な価値を明らかにし、日本が米国のために集団的自衛権行使をしなくとも日米同盟はなんら問題がないことを明らかにしています。

一方で、本書は、安保法制の集団的自衛権行使がどのような海外派兵も可能にする、まったく歯止めの無いものであることについても、詳細にご説明しています。

このように、本書をお読み頂ければ、集団的自衛権行使と安保法制全体に共通する主要な論点のほぼすべてについて、本質的なご理解がいただけます。(「イメージ」にある目次をご参照)

本書が、安保法制に対する「国民の皆さんの憲法論、政策論」として、お役に立てることを心から願っています。

出版社からのコメント
戦後70年を迎えた今、私たちが守ってきた「平和憲法」が破壊されようとしています。
安保法制の「違憲」を完膚なきまでに立証したこの本には、平和憲法を守る力があります。
また、新しい安全保障環境の中でも揺るがない、専守防衛の力を再認識することができます。

元霞が関官僚の筆者は、(学説などにある「自説」ではなく)現実の民主政治における法制度、政策のプロであります。 そして本書でご説明する「昭和47年政府見解の読み替え」、「憲法前文の平和主義の切り捨て」、「立法事実のでっち上げ(不存在)」という「解釈改憲のからくり」の追及のため、今まさに安保法制の国会論戦の最前線に立つ現職の参議院議員です。

本書の内容については、当代を代表する憲法学者、法の専門家(元内閣法制局長官)、防衛政策の専門家の方々から、この上ない推薦の御言葉をいただきました。
代表的な政府解釈の国会答弁などの一次資料を、一般の方にも見やすく加工して豊富に盛り込んだ本書は、各種の勉強会などにおいても最適の教材となります。

本書を、安保法制について関心や不安を持つ、すべての皆様にお届けしたい。
そして、私たちが今なすべきことをともに考えたい。

著者について
参議院議員 小西洋之(こにしひろゆき)

「安保法制に関する特別委員会」委員
参議院憲法審査会幹事
民主党政策調査会副会長

72年生。東京大学教養学部卒。コロンビア大学国際公共政策大学院、東京大学医療政策人材養成講座修了。総務省・経済産業省課長補佐を経て、2010年参院選(千葉県選挙区)で当選。
これまで、東日本大震災復興特区法、国際戦略・地域活性化総合特区法、医療法医療計画、がん対策推進基本計画、障害者総合支援法、郵政民営化法等改正法などの法制度の立案等に従事。
現在は、予算委員会、外交防衛委員会委員、民主党安全保障総合調査会事務局次長などを務める。

著書『いじめ防止対策推進法の解説と具体策』(2014年WAVE出版)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0