カメラ片手に二子玉川散歩…玉川は秋本番 小紫、桔梗、南瓜、そして久しぶりの夕陽

玉川は秋本番 小紫、桔梗、南瓜、そして久しぶりの夕陽


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


くらべて分かる、一眼レフはここがスゴイ!
朝日新聞デジタル2015年8月26日

http://www.asahi.com/shopping/column/2013/SDI201508250654.html

 いい写真を撮りたいと思ったときに選択肢に上がるのが、一眼レフとミラーレスカメラ。どちらも大型のイメージセンサーを搭載して、レンズを交換することによっていろいろな撮影を可能にするため、スマホやコンデジとは違うワンランク上の写真が撮れる。今回は初心者でも使いやすい一眼レフのエントリーモデルを紹介しよう。

ミラーレスとの違いは、なにより豊富なレンズ群

 一眼レフとミラーレスの大きな違いはそのサイズ。例えばキヤノンのミラーレスの「EOS M3」はボディーのみの重量が約366g、一眼レフの「EOS Kiss X8i」は約555gと、189gも重さの違いがある。大きさの面でもミラーレスのほうが小さいものが多い。これは一眼レフにはあるボディー内部の光学部分が、ミラーレスでは省かれているからだ。

 ではミラーレスのほうが一眼レフよりも優れているかというと、そうとは限らない。デメリットと思われるボディーサイズも、両手でしっかり構えるなら重く感じないし、ファインダーをのぞきながら撮るので、手ブレも起こしにくい。そしてボディーサイズが大きい分、バッテリーが大きく撮影枚数にゆとりがある。もちろん機種によって異なるが、おおむねミラーレスの2倍近い撮影回数になっている。

 そして一眼レフの最大の利点は、レンズの選択肢が多いことだ。ミラーレスもレンズ交換は可能だが、発売されているレンズの種類は一眼レフに比べるとはるかに少ない。選択肢も少ないので、例えばマクロレンズなどを購入しようとしても非常に高価だったりして、レンズ交換のメリットを体感しにくくなってしまうのだ。一眼レフならニコン、キヤノンといったカメラメーカーには豊富なレンズ資産があり、価格の選択肢も幅広い。

 例えば、子どもの写真を撮ることが主目的なら、明るい単焦点レンズがあると、室内でもストロボレスで撮影でき、背景がきれいにボケる。また運動会やスポーツなどのイベントでは望遠レンズが、旅行などの風景写真などでは広角レンズが効果的だ。こうしたレンズ交換の選択肢が豊富なのは圧倒的に一眼レフだろう。今回はキヤノン、ニコンの二大ブランドを中心に、コンパクトになって機能も向上している最新一眼レフのエントリーモデルを比較してみよう。

タイプの違うモデルのニコン


画像

ニコン「D3300」は小型で初心者にもやさしい操作で使いやすい。





ニコンD3300 18-55 VR II レンズキット レッド (ニコンFマウント/APS-C) *D3300LKRD
ソフマップ楽天市場店
●有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレス仕様DXフォーマットCMOSセンサーと新画像処


楽天市場 by ニコンD3300 18-55 VR II レンズキット レッド (ニコンFマウント/APS-C) *D3300LKRD の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 ニコンの「D3300」は約2400万画素のイメージセンサーに、上位機種と同様の光学ローパスフィルターレスの採用で、解像感の高い写真が得られるのが特徴。ボディーもコンパクトで本体重量は約460gと軽量だ。液晶モニターに表示されるガイドに従って操作すると、撮りたかった写真や動画がカンタンに撮影できるガイドモード搭載で、初心者にやさしい操作性も人気だ。ただし液晶画面は固定されているのでアングルの変化はつけにくい。動画はフルHDで記録レートが60Pに対応と充実している。


画像

ニコン「D5500」はタッチパネル&バリアングル液晶のモデル。





ニコン デジタル一眼カメラ D5500 ダブルズームキット [ブラック]【smtb-k】【ky】
ぎおん楽天市場店
■ Nikon ■ニコン デジタル一眼カメラ D5500 ダブルズームキット [ブラック]【付属レン


楽天市場 by ニコン デジタル一眼カメラ D5500 ダブルズームキット [ブラック]【smtb-k】【ky】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 「D5500」は約2400万画素のイメージセンサーは同じだが、タッチパネル&バリアングル液晶モニターを採用。直感的な操作と自由なアングルでの撮影を可能にした。暗いところでもブレなく美しく撮影できる最高常用ISO感度25600の高感度設計や、画面を広くカバーする39個のAFポイントなど、撮影に関する基本機能も高い。そのうえボディーサイズもコンパクトで、本体重量も約470gとD3300と10gしか違わない。持ち運びしやすく、多様な撮影スタイルを楽しむなら、こちらのモデルがいいだろう。

 エントリー向けの一眼レフは、手軽に撮ることを重視するなら、入門機のダブルズームモデルがオールマイティーに使えてお買い得感が高い。もう一歩進んで、いろいろな写真を楽しみたいなら、交換レンズの購入を視野に入れて、基本のレンズセットを購入しておくのもありだろう。豊富な機能を使いこなして、一眼レフならではの高画質な写真を楽しもう。

文・フリーライター 栗山琢宏