【小沢一郎 安保法案を潰す秘策を話そう 】 <第10回>果たして本当に強行採決に踏み切れるのか

安保法案を潰す秘策を話そう/小沢一郎
<第10回>果たして本当に強行採決に踏み切れるのか
日刊ゲンダイ2015年9月5日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163408


画像
小沢一郎氏(C)日刊ゲンダイ

 8月30日にあった国会前のデモには僕も参加したが、予定の10万人を超え、本当に多くの人たちが「安保法案を絶対に許すな」ということで集まった。全国でもさまざまな都市でデモが行われ、相当な人数になった。

 残念だったのは、警察の規制が厳しくて、国会をぐるりと取り囲むような形になれなかったことだ。あれだけの人数がいたら、裏側の議員会館の前を含め、完全に国会を包囲することができたはずだ。現場で見ていても、警備があまりにも過剰だった。かつての60年安保騒動のようにデモ隊が国会の敷地内に入って、ものを壊すなど過激な行動をしたわけでもない。

 今回の異常なほどの警備強化は、たぶん官邸が直接命じたものだろう。それは裏を返せば、安保法案に対する国民の批判の高まりに、安倍政権がこれまでになく神経質になっているということだ。自分たちの法案が正しいと主張するのなら、自信をもって堂々とすればいいだけ。たぶん安倍首相は国民の反発を心底、怖がっているのだと思う。

 今回の大規模デモに自民党議員は内心、「えらい人数が集まったな」と震えているだろう。地元に帰っても、安保法案反対の声が多いはずだから、参院で無理して強行採決するのはいかがなものかと思っている議員は決して少なくないんじゃないか。

 参院は特に「強行」を嫌がる。国会用語で「荷崩れ」(強行採決など不正常な採決の状態)して与党の単独採決で参院に送られた法案だから、それをすんなりと採決する慣わしにはなっていない。だから審議も遅れている。与党は今月11日の参院採決を目標としていたが、毎日5時間ずつ審議をしたとしても、衆院の116時間にはとても達しない。参院でも事実上、自公の強行採決になる可能性が高いが、これだけ世論の反対が高まっている中で、果たして本当に強行採決をやり切れるのかどうか。

 これはあくまで本質論ではなく政治論だけれど、安倍首相の立場に立って言えば、首相が「安保法案はなんとしても日本のために必要だから、これを成立させてくれれば私は首相を辞任する」とでも言えば、国民感情も少しは収まるかもしれない。実は、民主党政権で当時の野田首相が消費税増税の法案を通そうとした時、僕は「通ったら、辞めるべき」と、野田さんに言ったんだ。結局、野田さんはそうしなかったけれども、場合によっては、それだけ命がけだという強い姿勢を国民に示すこと。そういう政治家の生きざまもある。

 繰り返すが、これは本質論ではない。違憲の安保法案は廃案にすべきであることは言うまでもない。ただ、昨今の景気後退や株価の暴落で明らかなように、アベノミクスも全くうまくいっていないし、安倍首相には一刻も早く辞めてもらった方が国民のためだ。

 民主党の呼びかけで、維新、共産、社民、生活の野党5党は、きょう(4日)党首会談を行い、あらためて安保法案反対の狼煙を上げる。これから、国会最終盤に向け、国民の反対もますます大きくなるだろう。官邸がこの世論の高まりをどう見るのか。それでも強行採決に踏み切れるのか。衆院再議決の60日ルールを使うのか。まだまだ諦めてはいけない。

「私たちの平和憲法と解釈改憲のからくり 専守防衛の力と「安保法制」違憲の証明」 小西洋之著(八月書館 1,620円税込)


画像





私たちの平和憲法と解釈改憲のからくり [ 小西洋之 ]
楽天ブックス
専守防衛の力と「安保法制」違憲の証明 小西洋之 八月書館発行年月:2015年08月 ページ数:241


楽天市場 by 私たちの平和憲法と解釈改憲のからくり [ 小西洋之 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年08月
著者/編集: 小西洋之
出版社: 八月書館
サイズ: 単行本
ページ数: 241p
ISBNコード: 9784938140915

内容紹介

■著者 小西洋之より

本書は、集団的自衛権行使の解釈改憲が「なぜ、憲法違反なのか」について、分かりやすくご説明するものです。

集団的自衛権の行使は、60年以上の国会審議を通じ、「憲法9条の改正以外に可能とする手段がない」とされてきました。 それが、なぜ可能になったのか。

それは、真相を知っていただければ中学生や高校生でも理解できる不正の手口、「解釈改憲のからくり」によるものなのです。

私は、昨年の解釈改憲(7.1閣議決定)から、このからくりを国会で徹底的に追及してきました。
そして、それは、安保法制を審議する衆議院の特別委員会でも、最も多くの議論がなされた論点です。

しかし、衆議院では7月に強行採決がなされ、参議院に法案が送られています。
私は、参議院の特別委員会のメンバーとして、同僚議員とともにこのからくりの追及を続けています。
しかし、憲法の定める「60日ルール」によって、9月14日以降は衆議院の再可決だけで法案を成立させることができるのです。

このからくりを今すぐに、一人でも多くの国民の皆さまに知っていただきたい。
そして、「憲法を取り戻す」ために声を上げていただきたい。
それが、国会議員の憲法遵守・擁護義務を全力で果たすため、本書を書いた私の思いです。

また、本書は、私たちの平和憲法とは何か、憲法9条と前文に書かれている平和主義の考えについてご説明し、安倍総理の「積極的平和主義」の欺瞞(ぎまん)や、国是であった「専守防衛」がまったく別の姿に改変されていることを明らかにしています。
そして、「砂川判決」を集団的自衛権行使の合憲の根拠とする暴論を、徹底的に論破しています。

さらに本書は、こうした「憲法論」だけではなく、日本の安全保障において集団的自衛権行使が本当に必要なのか? という「政策論」についても、ていねいな分析を行っています。

ホルムズ海峡の事例、日本人親子が米軍艦船で避難する事例、自衛隊が米軍イージス艦を防護する事例が、集団的自衛権行使が全く不要な事例であることについて、徹底的にご説明します。

また、日米同盟のアメリカにおける本質的な価値を明らかにし、日本が米国のために集団的自衛権行使をしなくとも日米同盟はなんら問題がないことを明らかにしています。

一方で、本書は、安保法制の集団的自衛権行使がどのような海外派兵も可能にする、まったく歯止めの無いものであることについても、詳細にご説明しています。

このように、本書をお読み頂ければ、集団的自衛権行使と安保法制全体に共通する主要な論点のほぼすべてについて、本質的なご理解がいただけます。(「イメージ」にある目次をご参照)

本書が、安保法制に対する「国民の皆さんの憲法論、政策論」として、お役に立てることを心から願っています。

出版社からのコメント
戦後70年を迎えた今、私たちが守ってきた「平和憲法」が破壊されようとしています。
安保法制の「違憲」を完膚なきまでに立証したこの本には、平和憲法を守る力があります。
また、新しい安全保障環境の中でも揺るがない、専守防衛の力を再認識することができます。

元霞が関官僚の筆者は、(学説などにある「自説」ではなく)現実の民主政治における法制度、政策のプロであります。 そして本書でご説明する「昭和47年政府見解の読み替え」、「憲法前文の平和主義の切り捨て」、「立法事実のでっち上げ(不存在)」という「解釈改憲のからくり」の追及のため、今まさに安保法制の国会論戦の最前線に立つ現職の参議院議員です。

本書の内容については、当代を代表する憲法学者、法の専門家(元内閣法制局長官)、防衛政策の専門家の方々から、この上ない推薦の御言葉をいただきました。
代表的な政府解釈の国会答弁などの一次資料を、一般の方にも見やすく加工して豊富に盛り込んだ本書は、各種の勉強会などにおいても最適の教材となります。

本書を、安保法制について関心や不安を持つ、すべての皆様にお届けしたい。
そして、私たちが今なすべきことをともに考えたい。

著者について
参議院議員 小西洋之(こにしひろゆき)

「安保法制に関する特別委員会」委員
参議院憲法審査会幹事
民主党政策調査会副会長

72年生。東京大学教養学部卒。コロンビア大学国際公共政策大学院、東京大学医療政策人材養成講座修了。総務省・経済産業省課長補佐を経て、2010年参院選(千葉県選挙区)で当選。
これまで、東日本大震災復興特区法、国際戦略・地域活性化総合特区法、医療法医療計画、がん対策推進基本計画、障害者総合支援法、郵政民営化法等改正法などの法制度の立案等に従事。
現在は、予算委員会、外交防衛委員会委員、民主党安全保障総合調査会事務局次長などを務める。

著書『いじめ防止対策推進法の解説と具体策』(2014年WAVE出版)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0