五野井郁夫氏推薦 2016年の「民主主義」を先読みする3冊

五野井郁夫氏推薦 2016年の「民主主義」を先読みする3冊
日刊ゲンダイ2015年12月31日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/172551


画像

五野井郁夫氏(C)日刊ゲンダイ

 2015年安保では、学生団体SEALDs(シールズ)の活動が人々の共感を呼んだ。この国で政治を語ることを、当たり前でかっこいいことへと文化次元で変えた。気恥ずかしさを消し去り真正面から理想を語ることができるようになった。今の与党に決定的に欠けていることだ。

 この若者たちが考える民主主義を示したのが「SEALDs民主主義ってこれだ!/SEALDs編著」である。デザインから構成、写真まで、すべて学生が自主作製したこの著作には、安保反対運動を牽引する若者たちがどこからやってきて、今後どうするのかを自分の言葉で語っている。現在、早くも次の国政選挙を見据えた若者らの政治活動が、全国各地で始まっている。これらの動きは、この日本で民主主義が再び始まったことを示しているのだ。

「SEALDs 民主主義ってこれだ! 自由と民主主義のための学生緊急行動」(大月書店 1,620円税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
・写真:メンバー自身の撮影によるデモや抗議行動、日常風景など
・アートワーク:SEALDsの特徴である洗練されたデザインのフライヤーや映像
・スピーチ:一人ひとりの言葉で語られたスピーチを厳選して収録
・メンバー証言:それぞれの来歴や参加のきっかけ、SEALDsへの思いなど
・メンバー座談会:初期メンバーが前身であるSASPLの誕生から現在までを振り返る
・対談:高橋源一郎(作家)と中心メンバー奥田愛基が語る「民主主義とは?」
・著名人・識者からの応援メッセージ:茂木健一郎、高畑勲、後藤正文、小林節 ほか

高橋源一郎さん、津田大介さん、古賀茂明さんなど著名人も応援する「SEALDs」。若者たちはどんな思いで運動に参加し、日本をどのように変えたいのか。いまもっとも注目されるムーブメントの最前線にいる若者たちの素顔に迫るドキュメント。

01:Our Voice
02:What's SEALDs?
03:Where We're From
04:SEALDs Acts
05:Our Democracy


SEALDs 民主主義ってこれだ!
大月書店

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SEALDs 民主主義ってこれだ! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



SEALDs [ 自由と民主主義のための学生緊急行動 ]
楽天ブックス
民主主義ってこれだ! 自由と民主主義のための学生緊急行動 大月書店発行年月:2015年10月20日


楽天市場 by SEALDs [ 自由と民主主義のための学生緊急行動 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2015年10月20日頃
著者/編集: 自由と民主主義のための学生緊急行動
出版社: 大月書店
サイズ: 単行本
ページ数: 157p
ISBNコード: 9784272330867

【内容情報】
民主主義は止まらない。緊急対談=高橋源一郎×奥田愛基。戦争法案を阻止するために立ち上がった若者たち=SEALDs。歴史を塗り替えたムーブメントの渦中で、メンバー自身がその歩みを振り返り、来るべき民主主義への思いを託す。

【目次】
01 Our voice
02 What’s SEALDs?
03 Where we are from
04 SEALDs act
05 Our democracy


 若者らの非暴力運動は、沖縄の反基地運動にその多くを負っている。若者ならずとも、「沖縄現代史/櫻澤誠著」でその軌跡を振り返り沖縄の怒りを共有する必要があるだろう。敗戦後には米軍統治、復帰後も米軍基地が残された。現在は平和の島に戻るべく、一刻も早い普天間基地移転の実現と、辺野古の新基地建設反対を「オール沖縄」で訴え、国と対峙している。

『沖縄現代史 米国統治、本土復帰から「オール沖縄」まで』(中公新書) 櫻澤誠著(中央公論新社 993円税込)


画像







沖縄現代史 [ 櫻澤誠 ]
楽天ブックス
米国統治、本土復帰から「オール沖縄」まで 中公新書 櫻澤誠 中央公論新社発行年月:2015年10月


楽天市場 by 沖縄現代史 [ 櫻澤誠 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2015年10月
著者/編集: 櫻澤誠
出版社: 中央公論新社
サイズ: 新書
ページ数: 366p
ISBNコード: 9784121023421

内容情報】
太平洋戦争中、地上戦で20万人強の犠牲者を出した沖縄。敗戦後、米国統治下に置かれ、1972年に本土復帰を果たすが、広大な基地は残された。復帰後の沖縄は保革が争いながら政治を担い、「基地依存経済」の脱却を図る。だが95年の米兵少女暴行事件を契機に、2010年代には普天間基地移転・歴史認識を巡り、保革を超えた「オール沖縄」による要求が国に行われる。本書は、政治・経済・文化と、多面的に戦後沖縄の軌跡を描く。

【目次】
第1章 「沖縄戦」後の米軍占領1945~52
第2章 「島ぐるみ」の抵抗1952~58
第3章 沖縄型高度経済成長1958~65
第4章 本土復帰へ1965~72
第5章 復帰/返還直後ー革新県政の苦悩1972~78
第6章 保守による長期政権ー変わる県民意識1978~90
第7章 反基地感情の高揚ー「島ぐるみ」の復活1990~98
第8章 「オール沖縄」へー基地・経済認識の転換1998~2015

【著者情報】
櫻澤誠(サクラザワマコト)
1978(昭和53)年新潟県生まれ。2001年立命館大学文学部史学科日本史学専攻卒業。08年立命館大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了。博士(文学)。立命館大学文学部助手、日本学術振興会特別研究員などを経て、13年4月より立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員。専門は日本近現代史・沖縄現代史

 では、われわれは政治の側をどう見ればよいだろうか。政治家らの「オーラルヒストリー」の第一人者である政治学者の御厨貴による「政治の眼力」は、25人の政治家の人物の核心に迫っている。本書をひもとくと、各政治家のパーソナリティーが明確に把握できるため、彼らの発言が本心か否か、今後どう動くのかが一目瞭然だ。市民必携の一冊であろう。

『政治の眼力 永田町「快人・怪物」列伝』(文春新書) 御厨貴著(文藝春秋 810円税込)


画像



政治の眼力 永田町「快人・怪物」列伝 (文春新書)
文藝春秋
御厨 貴

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 政治の眼力 永田町「快人・怪物」列伝 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



政治の眼力 [ 御厨貴 ]
楽天ブックス
永田町「快人・怪物」列伝 文春新書 御厨貴 文藝春秋発行年月:2015年06月 ページ数:207p


楽天市場 by 政治の眼力 [ 御厨貴 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2015年06月
著者/編集: 御厨貴
出版社: 文藝春秋
サイズ: 新書
ページ数: 207p
ISBNコード: 9784166610297

【内容情報】
政治を動かしているのは「イデオロギー」でも「政策」でもない。「人」だ。信念、行動原理、人間関係、出自と経歴から「時の政局を動かす人」の核心にズバッと迫る。これを読めば日本の政治が断然面白くなる。

【目次】
安倍政権とは何か
貴族的感覚 祖父譲りー麻生太郎
「フツー」に秘める胆力ー山口那津男 ほか
自民党の力の秘密
「反時代」で独特の地位ー古賀誠
権力への鋭いアンチー野中広務 ほか
チャレンジャーの資格
己を見つめる伝道師ー石破茂(1)
大政治家に化けうるかー細野豪志 ほか
失敗の研究
道半ばのリアリズムー仙谷由人
「政策の調教師」次の道ー与謝野馨 ほか
清和会とは何か
時勢を見極め一手ー森喜朗
二十一世紀型の首相ー小泉純一郎 ほか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
御厨貴(ミクリヤタカシ)
昭和26(1951)年、東京都生まれ。東京大学法学部卒業。ハーバード大学客員研究員、東京大学教授などを経て、東京大学名誉教授・放送大学教授・青山学院大学特別招聘教授。専門は政治史、オーラル・ヒストリー、公共政策、建築と政治。著書に『馬場恒吾の面目』(中公文庫、吉野作造賞受賞)、『政策の総合と権力』(東京大学出版会、サントリー学芸賞受賞)など。TBSテレビ「時事放談」の司会も務める。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0