ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【週末に読みたいこの1冊】  「野球小僧の戦後史」ビートたけし著(祥伝社 1400円+税)

<<   作成日時 : 2016/02/06 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

週末に読みたいこの1冊
「野球小僧の戦後史」ビートたけし著(祥伝社 1400円+税)
日刊ゲンダイ2016年2月6日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/174811


画像


「野球小僧の戦後史 国民のスポーツからニッポンが見える」 ビートたけし著(祥伝社 1,512円(税込)


画像



野球小僧の戦後史――国民のスポーツからニッポンが見える
祥伝社
ビート たけし

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野球小僧の戦後史――国民のスポーツからニッポンが見える の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



野球小僧の戦後史 [ ビートたけし ]
楽天ブックス
国民のスポーツからニッポンが見える ビートたけし 祥伝社発行年月:2015年12月 ページ数:175


楽天市場 by 野球小僧の戦後史 [ ビートたけし ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2015年12月
著者/編集: ビートたけし
出版社: 祥伝社
サイズ: 単行本
ページ数: 175p
ISBNコード: 9784396615499

【内容情報】
下町の三角ベース、高度成長とV9、長嶋茂雄の天才伝説、バブル崩壊と日本人メジャーリーガー…団塊の世代(つまりオイラ)が体験的に振り返る戦後70年。どうだ、まいったか!

【目次】
1 原っぱとグローブと 1945-1958
下町の空き地に集まる子どもたち
戦争と敗戦の記憶 ほか
2 高度経済成長とプロ野球黄金期 1959-1973
越境入学した中学で待っていたもの
下町にスタジアムができた ほか
3 日本野球の鎖国と開国 1974-2015
除籍された大学から卒業証書をもらった
長嶋さん引退とツービート結成のタイミング ほか
4 長嶋茂雄さんの天才伝説ー名選手列伝
自分の見せ場を知っている
わざとミスをするのが芸 ほか
5 団塊の世代は光速を超えて生きる 1945-2015
黒い霧の中に消えた名選手
「空白の一日」に何が起きたのか ほか

【著者情報】
ビートたけし(ビートタケシ)
北野武。1947(昭和22)年、東京都足立区生まれ。芸人、映画監督、俳優。72年から浅草フランス座で漫才の修業を始め、74年にツービートを結成。絶大な人気を博す。テレビ、映画、CM、著作など多方面で活躍し、89年に『その男、凶暴につき』で映画初監督。97年にはベネチア国際映画祭で『HANA-BI』が金獅子賞(グランプリ)を獲得し、以後、数多くの映画賞を受賞するほか、2010年にフランスの芸術文化勲章「コマンドール」を叙任するなど世界的に名声を高める。

 下町の空き地でやった三角ベース、川上哲治に憧れて家のペンキでバットを赤く塗って赤バットにした記憶、スター長嶋茂雄の登場、池田勇人内閣が所得倍増計画を打ち出していた時代に突如できた東京スタジアム……。本書は、昭和22年生まれの著者が、国民的スポーツとなった「野球」を軸に、エンタメの盛衰や当時の世相を含めた戦後史を振り返った一冊だ。

 戦後70年の日本の歩みは、団塊の世代である著者の体験と重なる。遊び道具は手作りして井戸水を飲んで過ごし、町に湯たんぽでできたガソリンタンクのオートバイが走っていた少年時代から、食卓にはコカ・コーラやワイン、町にはフェラーリやレクサスが登場し、さらにはテレビ、インターネット、フェイスブック、LINEが出現する現代まで、信じられない速度で時代が変化した。本書をたどると団塊の世代が体験した戦後の日本は、豊かさを求めて猛スピードで何もかも変えてきたことが見えてくる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
【週末に読みたいこの1冊】  「野球小僧の戦後史」ビートたけし著(祥伝社 1400円+税) ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる