「電波停止」にキャスターら抗議も…テレビ局ダンマリの怪

「電波停止」にキャスターら抗議も…テレビ局ダンマリの怪
日刊ゲンダイ2016年3月1日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/176341/1


画像

怒りの抗議会見(C)日刊ゲンダイ

 高市早苗総務相の「電波停止」発言を受け29日、ジャーナリストの田原総一朗氏やTBS系「NEWS23」でアンカーを務める岸井成格氏ら6人が、都内で抗議会見を開催。高市大臣の「停波」発言を真っ向批判した。

 田原氏は、「(高市発言に対し)全テレビ局は抗議しないといけない。政権は図に乗るばかりだ」と発言。岸井氏も、「高市大臣は『政治的公平性』を重視しているというが、一般国民にとっての『公平性』とは全く異なるものだ。ジャーナリズムが権力の腐敗、暴走を止め、国民の知る権利を追求し続けなければならない」と訴えた。

 異様だったのは会見の後半だ。記者から質問が出たが、なぜか質問は新聞社とネットメディアのみ。「停波」になれば、最も被害を受けるはずのテレビ局からの質問は一切なく、NHKは会見に参加すらしなかった。一体、テレビメディアは何を考えているのか。会見で質問していたジャーナリストの神保哲生氏はこう言う。

「そもそも、安倍政権は『停波』をできない。政権がテレビ局の放送内容の公平性を判断すれば、『違憲』とのそしりは免れず、世論の猛反発を食らいます。高市発言など無視すればいいし、むしろ、批判姿勢を強めるべきです。ところが、テレビ局をはじめとした大手既存メディアは、記者クラブ制度や軽減税率など、政権から“特権”を与えられ、優遇されている側面がある。だから忖度し、批判の手を緩めてしまうのでしょう。既存メディアは“特権”を返上するくらいの覚悟で臨まなければ、権力の暴走を止めることはできません」

 やっぱり、今もテレビ局は「御用メディア」なのである。

【中継録画】高市氏の「電波停止」発言に抗議して田原総一朗氏らが会見
https://www.youtube.com/watch?v=1G3FPuVuHvo







よくわかるメディア法 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)
ミネルヴァ書房
鈴木 秀美

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by よくわかるメディア法 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



よくわかるメディア法 [ 鈴木秀美 ]
楽天ブックス
やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ 鈴木秀美 山田健太 ミネルヴァ書房発行年月:2011年07


楽天市場 by よくわかるメディア法 [ 鈴木秀美 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






放送レポート(no.258(January.) [ メディア総合研究所 ]
楽天ブックス
放送法は「放送取締り法」ではない NHKに、私も言わせて! メディア総合研究所 大月書店発行年月:2


楽天市場 by 放送レポート(no.258(January.) [ メディア総合研究所 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0